木造住宅の構造計算て何?

今日は、三嶋です。

今回は、構造計算についてお話します。

ウッド・アート・スタジオの家づくりでは -7つのデザイン- を考えています。

その中の、【耐震性・耐久性 + 制振】【安心・安全】に係わることです。

 


●建物の『構造計算』て何?

⇒結論から言えば、建物の安全性を検討・確認するために構造設計をします。それを証明するのが『構造計算』ということです。


建物には、重力・地震力・風圧力・雷・津波等さまざまな力が作用します。そして、これらの力に対して、安全であるように、各構造部材を計算して確認します。

つまり、構造計算をすることは、建物の安全性の確認する、大変重要なものなのです。


だから、ウッド・アート・スタジオでは『構造計算』は絶対に必要なものだと考えています。

 


●全ての建物で構造計算は行なわれているか

⇒答えは、行なわれていません。


実は、構造計算を免除されている建物があります。


その代表的な例が 我々が建てている【木造住宅】 (建築基準法第6条1項四号・・・一般に四号建築物(木造住宅)と呼ばれます)の建物です。


本来、この 四号建築物(木造住宅) は
 イ.行政が定めた基準に適合していること。
 ロ.構造計算すること。
  『構造計算の許容応力度計算』が適用になります。


このイ、ロのいずれかを満たすことになっています。


しかし、一方(建築基準法第6条の三)では、『4号特例』というのが認められ。資格を持った建築士が四号建築物を設計すれば、確認申請時に必要な資料提出が省略でき、さらに構造計算もしなくて済むということが認められています 。


ということで、木造住宅では、通常、構造計算があまり行なわれていないという現状があります。


そして、このことを実際に家を建てる人や、一般にはあまり知られていません。



●現状の安全性の確認方法に問題はないのでしょうか?

⇒ウッド・アート・スタジオでは問題ありと考えています。


現状は、四号建築物(木造住宅)では、【建築基準法施工令40~49条】で定める『仕様規定』を満たすことになっています。                                     これで安全な住宅になっていれば、何の問題も無いのですが、実は、実際仕様規定を満たした木造住宅を構造計算(許容応力度計算)してみると、壁量等が足りない場合がある。

                                

つまり、現状の建物には、法令で定めた仕様規定は満たしているのに、構造計算(許容応力度計算)すると不適合という、安全性に問題有りというおかしなことが起きている建物が存在しています。

                                    現実に、この4号特例で、仕様規定で建てられた建物では、壁量不足等の問題が発生したことで、2009年に国土交通省が4号特例の廃止案が発表されましたが、結局廃止の無いまま現在に至ってます。



現状の問題点は?

                                    建築業界内の人でさえ、四号建築物(木造住宅)において

                                    問題点1.『仕様規定』イコール構造計算(許容応力度計算)と思い違いしている人が大勢いること。 

                                    問題点2.『仕様規定』に準じた家なら、安全性が確保出来ていると決め付けていること。

                                    問題点3. そもそも構造計算(許容力度計算)の存在を知らない人がいること。

                                    



ウッド・アート・スタジオの考え

                                    一生に一度の高価な買物といわれる家。地震もある、台風も来る、この日本で、安心・安全な家を提供する為に、構造計算(許容応力度計算)によって建物の安全性を確保すること。

                                    つまり、木造住宅の安全性の確保の為に、『仕様規定』ではなく、『構造計算(許容応力度計算)』で安全性を確保するべきだと考えています。

                                    この為に掛かる費用は、余分な費用ではなく、絶対に削ってはいけない費用と考えています。

くらしマルシェ

こんにちは森小です

今年もWAS主催のくらしマルシェが開催されました

ご協力頂いた業者さん、店舗さんのおかげで

たくさんの方にお越し頂き、大賑わいとなりました

                              

コーディネーター考案の

”写真すだれ間仕切り”

勝手にダサい名前を付けたら怒られそうですが…笑

施工写真を使うことでただ仕切るだけでは無く

WASがどんな家を作っているのかたくさんの方に見て頂くことも出来て

とてもいい案だなと思いました

実際に当日使ってみると、その効果だけでは無くて

来て頂いたOBさんが、うちの家を見つけた!と言って来て頂いたり

OBさんのお子さんが一生懸命自分のお家をさがし合っていたりと

楽しく過ごして頂いている様子も印象的でした

光の反射と部屋の明るさ

こんにちは、広報企画の西崎です。

二月も終わりに近づき、だんだんと春が近づいてきましたね。先日マルシェを行った竜美丘会館の裏では、もう桜の花が咲き始めていました。

さて、みなさんは家を建てる時や今住んでいる家のインテリアを考えるとき、部屋を明るくしたいと思ったことはないでしょうか。とくにリビングなどは昼の太陽光が差し込んで明るく感じられると嬉しいですよね。

しかし太陽光がただ単に入ってくるだけでは、明るく感じられないことがあります。それが光の反射と密接に関係しています。

光は何も遮蔽物がなければ直進しますから、カーテンを開けた状態では、窓から入る光は床に最初に当たります。その床に反射して壁や天井に向かい、そこからまた反射して・・・という具合に部屋を明るくしているのです。
しかし部屋の隅が暗かったり、窓から遠い場所が暗かったりなんて思うことはないでしょうか。これは太陽光が直接あたっている場所と当たっていない場所との明るさの差が大きいため暗く感じるのです。

ちりめん

ではこの明るさの差を埋めるためにはどうしたらいいのでしょう。
それには、カーテン等を使うのが一番効果的です。レースのカーテンで太陽光を拡散させ部屋の中に満遍なく光を送ることで、部屋がぐっと明るく柔らかな印象になります。このためにはレースカーテンの生地がとても重要になってくるのですが、なるべく織り目は細かいほうがいいでしょう。そしてちりめんのような光を多方向に反射・透過する生地が最適です。遮像カーテンや省エネカーテン(太陽光の反射率が高いもの)は外に光を返してしまうので、注意が必要です。しかし部屋の中が見えてしまうと困る場所もあると思いますので、目的にあったカーテンをかけましょう。

新築やリフォームの際は、すりガラスというのも選択肢に入ります。特に洗面所などは最適です。部屋の中を見られたくなく、かつカーテンをつけておくにも湿気が気になる洗面脱衣室はすりガラスやフロストガラスで、プライバシーと部屋の明るさを両立することができます。

いろいろ工夫して明るく素敵なお家を手に入れてください。

くらしマルシェ(2/16,17)

こんにちは、営業の鈴木です。

先週末は当社のビッグイベント「くらしマルシェ」が竜見丘会館で開催されました。 二日間ともたいへんな賑わいでしたね。

今年の来場者数はなんと、3200人を超えたそうです!去年の来場者数を大幅に上回る数で、年々規模が大きくなっているそうです。果たして来年はどうなってしまうのやら・・・予想がつかないところです。

イベントには様々な地域から素敵なお店が集まっていて、よくこれだけのお店に出店して頂いたなと、驚きを隠せませんでした。それに加え、各種体験やショーなど地元の企業の方々にも協力していただいて、皆の力でここまで盛り上げることができたのだと感じました。

こうやってイベントを開催していくことによって、岡崎がもっと盛り上がっていって、地域に貢献できればと思いスタッフ一同取り組んでいます。今後もたくさんイベントを予定しているので、みなさん楽しみにお待ちください。

立春

 立春も過ぎたというのに、寒い日が続いています。

昔は登校時に霜柱がおりていたり、学校の池に氷が張ったり、もっと寒い日も頻繁にあった気もするのですが、温暖化に慣れてしまっているようです。

節分あけに、雛人形を出しました。

一年のうち、1ヶ月間。

少しでも楽しめるように、今年も4日に出しました。

我が家の雛人形は、私たちの代から受け継いでいるものなので、50年もの。収納もコンパクトで、小物などをしまっておく箱もオリジナルのものはとっくになくなってしまっているので、適当なものにしまってなるべく出し入れしやすいようにしてあります。

人形もだいぶ痛んできているし、付属品も欠けていたりしてしまっていますが、それも味だと思って、楽しんでいます。

そもそも簡素なものなので、1人でも出せるのですが、これまでは子供たちと一緒に出したりしていました。

今年はマイペース主人がたまたま家にいて、「おっ。おひなさん出す?」と言ってきたので、手伝ってもらう流れになりました。

ところがいざやってもらうと、ネジを締めるだけの作業でも8組ある中で1つだけ短いものを使い、「これ短かすぎて全然届かないよ。」と…。

ここを締めるんだから、長いやつ使うでしょ。と。これが本当に頻繁におき、こりゃ1人でやった方が断然はかどるなぁ。と、内心思いながら、何とかひな壇が組み上がりました。

あとは写真の通りにお人形を並べて、小物を持たせてね。

と、彼に任せたのですが、途中で様子を見てびっくり。

何と三人官女が弓矢を背負っているのです。

1人は背中に弓の束を差し、もう1人はひしゃくの代わりに弓を一本持っています。

ちょっと!これはないんじゃない?

と言うと、持つものは適当でいいって言ったじゃん。

適当って弓矢は…。

こんなに関心ないものか?

そう言えば、我が家は広い和室もないので、居間に入ればすぐに目に入る場所に雛人形を飾るのですが、何年か前は出して4、5日後に雛人形が出ている事に気付いたりした事もありました。

「人形出したんだ。」

えっ?今⁇

これ、そんなにスルーできる?って言うぐらいの存在感はあるはずなのに、気がないってこんなもんかなぁと思ったものです。

まあ、彼は筋金入りのマイペース。

こういう人も稀にいる。

ということを私も30年近くかかりましたが、少しずつ受け入れられるようになってきました。

何度かダメ出しをして、例年より時間はかかったものの、何とか今年も無事お雛様を出すことができました。

最終的にはなぜか満足気に写メを撮っていました。

弓矢なんか持たされて落ち着かなかったね。

今年も子供たちの健康と安全を見守ってね。

来月まで楽しませてもらいます。

oh.biichan.

家づくりに必要な「7つのデザイン」〜快適な住環境をデザインする〜|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

 
住まいにおいて、寒さや暑さは不快に感じる原因のトップです。温度差と湿度に気を配ることが、快適な住宅への第一歩だと思います。

 
私たちがつくるのは、冬暖かく、夏涼しい自然素材の家。木にこだわるだけに、断熱材にもこだわっています。

 
例え構造材がよく、良い職人がつくった家でも、断熱材が良くなければ意味がありません。一方で、断熱や防露、調湿、防音に優れた断熱素材を使えば、家は木と同じくらい長持ちするのです。
 


私たちが使用する断熱材は、条件により「セルロースファイバー」「羊毛ウール」「パーフェクトバリア」の3つです。フルオーダーの場合は、お客さまにお選びいただくことができます。
 

 
「セルロースファイバー」と「羊毛ウール」の良さは、調湿性能があること。「羊毛ウール」は天然素材なので、環境にも優しい素材です。また、コストが低いこともメリットだと言えます。
 

 
「セルロースファイバー」は、自然系の素材では、断熱材としてとても効果が高いもので、壁の中に充填する断熱材です。新聞紙の古材が材料になっているので、環境に配慮された素材でもあります。壁の中にはコンセントボックスや筋交いが入っていますが、その中にもしっかりと充填できるのは、「セルロースファイバー」と「発泡ウレタン」です。隙間なく埋めることで、防音面も強化されます。
 

 
「パーフェクトバリア」は、透湿する素材です。そもそも湿気を溜めず、通すことができるので、壁内が壁の外と同じ湿度になります。すると、構造材が腐敗することがなく、長持ちします。また、リサイクルペット樹脂を原料とした工業製品なので、虫に食われないというメリットもあります。大量生産できるため、安定供給が可能で、ローコストな素材です。現在では安全に廃棄することができ、未来に向けてペットボトルを分解するバクテリアの研究も進んでいることから、断熱材の一つとして選ばれています。
 

 
ウッド・アート・スタジオの家は、見えないところまで「快適な住環境」をデザインしています。

リノベーションホテル

こんにちは森小です

先日金沢のリノベーションホテル”HATCHi”の工事現場見学に行って来ました

私はこの仕事を始めてからずっと木造の家に携わる事がほとんどのため

こういった大きい建物や、鉄骨・鉄筋コンクリート造の建物の工事現場を

見れることは滅多に無い事なので、とてもワクワクしました

また今回は旅館からゲストハウスタイプのホテルに変わるということで

未知の世界を工事中に見学できるなんて本当に有難いことです

建物はちょうど解体工事が終わりかけのタイミングでした

新築とは違い、古びたものの良さ・趣を大切にしながら

残すものと撤去するものを選別し、空間を想像しながらデザインしていく

作業は予想以上に大変な作業だと思いますが

それを楽しみながらやられている小野さんの話は

とても惹きつけられ、とてもいい勉強になりました

今回この見学会を開催し案内してくれた空間デザイナーの小野さんは

コーディネーターとインスタを通じて知り合い、今回の見学が実現したとのことで

SNSの凄さも今回思い知った出来事でした

今までは流行には疎いから…くらいで考えていましたが

これからの時代、こういったものを駆使することも働く上で

かなり重要なことになっていくと感じ、私ももっと活用していかなくてはと思いました

冬も快適なパッシブデザインの家|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

 

 

私たちの家づくりには、パッシブデザインの考え方を取り入れています。ただパッシブデザインの場合、例えば、冬に家を直接暖めるわけではないので、暮らしにどこまで、何を求めるかで家づくりが変わってきます。暖房光熱費を下げたいのか、自然を感じて暮らしたいのか。ご自身の希望を明確にされるといいですね。

 

パッシブデザインは、春や秋、夏も猛暑以外は窓を開けて暮らそうという考え方を補助するもの。間取りなどもある程度決まってくる部分があり、窓にひさしを付けたり、南面窓は大きくとったりすることが多くなります。

 

 

常緑樹は冬の太陽光を遮ってしまうので、外構は、基本的に落葉樹を採用します。その中でも四季を感じたいのであれば、花がつく木や、もみじなどを選ぶといいでしょう。

 

また、やはり住宅密集地にはパッシブデザインの家を建てることは難しいです。風が通り抜けるかどうか、南側に建物がないかなど、条件に合った土地から選ぶ必要があります。

 

写真は「冬、暖房を使わなくても12度を下回らない家」をテーマに、パッシブデザインにこだわり抜いて家づくりをされたSさま邸です。

 

 

水田に囲まれた自然豊かな土地を選び、窓の配置や通風計画に関しても、ご自身でしっかり勉強をして臨まれたSさま。ご自分でパイプを注文してタープを張り、グリーンウォールを作るためのワイヤーメッシュを設置。家の性能の良さ以上に、「Sさまと共に、自然と共存する暮らしを作り上げた」という印象が残っています。

 

実際に、エアコンはほとんど使わないとご満足いただきました。

 

建てるまでの制約もあるパッシブデザインの家ですが、季節や天候を気にしながら生活するのは楽しいものです。何よりも、ご本人が生活を工夫して住むことが大切。自然と寄り添い、四季を感じる暮らしをしたい方に、いかがでしょうか。

漆喰

こんにちは、営業の鈴木です。

この三連休は、見学会にお越しいただきありがとうございました。

私も足助出身なので、豊かな自然に囲まれたこの見学会場は、

とても落ち着く場所でもありました。

今回のお宅では、リビングに漆喰が使われていました。

漆喰は、清潔さや伝統を感じさせる風合いなど

見た目がとても良いことはもちろんのこと、

殺菌作用もあることで知られています。

そんな漆喰ですが、メンテナンスで躊躇される方が多いのも特徴です。

例えば、汚れがついてしまった場合どうすればよいのでしょうか?

その方法を2点紹介します。

方法①は、サンドペーパーで落とすことです。

300番ほどの目の細かさの物を選んで表面を軽い力でやすれば、

そぎ落としという事もなくきれいに落ちます。

方法②は、漆喰の上塗りです。

漆喰はホームセンターでも買えるので、

汚れの部分に自分で上からぬ塗っていくだけで、

汚れは簡単に隠れてしまいます。

こうして手入れをしていけば漆喰も長持ちするので、

とてもお勧めの素材と言えます。

写真はちょうど職人さんが漆喰を施工している現場です。

塗り方によって平坦でスッキリさせたり、

あえて凹凸をつけてダイナミックに演出したりと面白い工夫ができます。

家づくりの参考までに、一度考えてみるのも良いかと思います。

建築家・二村勝志氏の家づくり|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。
 

ウッド・アート・スタジオでは、現在、社内外の建築家が、お客さまの家づくりで設計を担当しています。営業担当者が、お客さまのご要望にぴったりの建築家をお引き合わせしています。
 

 
今回は、二村勝志氏をご紹介します。

 
ウッド・アート・スタジオでお願いしている建築家の中で、最も長いキャリアをもつ二村氏。設計面での安心感と、日光や風、自然を効果的に取り入れるパッシブデザインの考え方はさすがです。

 
また、和風建築を得意とするのも二村氏の魅力です。

 
施工事例では、白い塗り壁や黒く焦がした杉の板壁、大きな瓦屋根が目を引く「REAL〜kuraのいえ〜」

https://www.morinotakumi.com/works/?dataNo=K410000023&bunrui=1

 
和風建築の中にスタイリッシュさを感じさせる「REAL〜gaifuu〜のいえ」

https://www.morinotakumi.com/works/?dataNo=K410000005&bunrui=1

 
ロフトと畳の部屋が共存する「今町の家」

https://www.morinotakumi.com/works/?dataNo=K410000066&bunrui=1 


などの設計を担当しています。

日本の四季とよく合う家づくりが、二村氏の持ち味です。
 

 
実際に日本家屋の設計も行うなど伝統的な家づくりを知っているからこそ、トレンドのスタイルをはじめ、アレンジが多彩です。二世帯住宅を希望する方や、上質なものを知る年配のお客さまからも支持が高いのはそのためでしょう。

 
ご自身も柔和な人柄で、優しい雰囲気の家づくりが印象的な二村氏。営業担当者がマッチングする際は、「生活を重視しながらもおしゃれな家」「ただの和風では終わらない家」「奇抜さではなく安心感がある家」などを求めるお客さまにご紹介することが多いようです。

 
個性豊かなウッド・アート・スタジオ所属の建築家たち。これからもご紹介していきますね。

 
今月は二村氏の施工事例も登場しますのでお楽しみに。