建築家・都築宏仁氏の家づくり|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

ウッド・アート・スタジオでは、現在、社内外合わせて5人の建築家が、お客さまの家づくりで設計を担当しています。家づくりの際は、お客さまのご要望にぴったりの建築家をお引き合わせしています。

今回は、一級建築士の都築宏仁氏をご紹介します。

小学生の頃、自室がなかったため、新聞の住宅広告の間取りを見ながら「この部屋が僕の部屋」とままごとのように遊んでいたという都築氏。中学生の頃には建築士を志し、工業系の大学への進学が多い高校を調べていたそうです。

大学時代には、建築家の講義をきっかけに建築事務所に通い始めました。「数十パターンのプランや模型での検討を重ねた末、お客さまにご提案する家は一つだけ」ということに驚き、ギリギリまでベストを追及する姿勢に感銘を受けたと言います。そこで出会った先輩のようになりたいという憧れが、建築「家」を目指すきっかけになりました。

都築氏が家づくりで大切にしているのは、十人十色の「自分達らしさ」。例えば、海外赴任から帰国したお客さまから、「トイレは洗面所内でも構わないので、浴室と一体化した広々した空間に」との要望があった際は、浴室との間仕切りをガラスにすることで、トイレ・洗面所・浴室が一体となる空間を提案しました。海外の家で暮らした経験があったお客さまだからこそ、日本の通念にはとらわれない家造りをご提案し、喜んでいただいたそうです。

家づくりで最も大切なことは「コミュニケーション」だと話す都築氏。直接関係がなさそうなことでも、お客さまとお話しすることで、設計上のアイデアや問題の解決策などが見つかることもあります。

お客さまの考え方や価値観、どのような生活を望まれているのかを「共有する事」を、常に心掛けているそうです。

個性豊かなウッド・アート・スタジオ所属の建築家たち。これからもご紹介していきますね。

都築氏設計の施工事例は、次回登場しますのでお楽しみに。

1周年記念イベント終了

こんにちは!営業の鈴木です。

週末はイベントのご参加ありがとうございました!

1周年記念イベントも、無事に終わることができました。

会場に入って一番目を引くのが、やはりこの薪ストーブですね。

岡崎市内の真ん中で薪ストーブを体験できるのは珍しいのではないでしょうか?

みなさん興味深々でご覧になられていました。

当社の新商「HOMA(ホーマ)」に関してもお問い合わせがあり、

今回のイベントで、良いお披露目になったと思います。

2月中旬には、当社最大規模のイベント「マルシェ」も控えています。

その際に、みなさんともまたお会いできればと思います。

それではよろしくお願いいたします。

家づくりに必要な「7つのデザイン」〜安心をデザインする〜|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

日本で「長持ちする家」をつくろうとすると、次の3つの条件をクリアしないといけません。それは「湿気」「シロアリ」「地震」です。これが、湿度の高い日本で家を建てる時の、1番ネックなところだといえます。

ウッド・アート・スタジオの家は、湿気に対する考え方に「調湿」の考えを取り込んでいます。柱が腐るのは不朽菌という菌が原因。つまり、不朽菌が生えないことが重要なのですから、ジメジメさせないことが大事です。そこで、壁内で不朽菌が繁殖しない程度に湿度が上がらないように調整しています。ウッド・アート・スタジオでは、通常は壁の外に防湿シートを貼るところを、透湿防水シートを貼っています。それによって湿気が出入りするようになります。

次に「シロアリ」です。床下についても、先の「湿気」と同じで、シロアリが繁殖しにくいようにすればいいのです。床下に関しては、基礎の土台に通気パッキンを敷いて、吸気と排気ができるようにしています。

また、構造材はヒノキの柱です。ヒノキは、シロアリが嫌がる木と言われますね。12cm近いヒノキの柱には防蟻材を塗らなくていいので、住む人の体にも優しい素材です。

そして「地震」には、柱に4寸(120mm角)の柱を使うことで対処しています。通常は3.5寸を使うことが多いのですが、太めのものを採用しているのは、やはり太い方が強いからです。木と木を組み合わせる時に元の柱が大きい方が、断面欠損が少ないというのがメリットの一つです。

フルオーダーであれば、使用するのは、ヒノキの中でも東濃の寒い地域で採れる、ゆっくりと成長する木。すぐに大きくなりにくいということは、年輪が締まっていくということです。中でも、乾燥技術で含水率を15%以下まで乾燥させた木材だけを使用。選ばれた場所で育った、選ばれた木のみを使っています。

シンプルで、ちょっとクールな印象を受けるかもしれないウッド・アート・スタジオの家。実は見えないところで、みなさんにお届けする「安心」をデザインしています。

屋久島地杉とは?

今日は三嶋です。
皆さんは屋久島地杉て聞いたことありますか?

そして 『屋久島地杉プロジェクト』 という活動をご存知ですか?

今私たちも応援しています。

今回、1月12日・13日、リニューアル1周年記念イベントでウッド・アート・スタジオショールムにて紹介中です。

今日は、ちょっとそのお話の1回目です。

“屋久島地杉とは?” の続きを読む

開運カレンダーの行方

2019年が始まりました。

年々と、年末感を感じる事がなくなってきたように思うのは、歳をとった証なのでしょうか。

実家が仕事をしていた頃は、初詣は毎年商売繁盛のご利益のある神社へ詣でていたのですが、仕事も辞めて、実家の両親も高齢になってきた近年は、以前のように出かける事はなくなってきました。

子供たちもそれぞれの都合で行ったりするようにもなってきたので、家の近くの氏神様にお参りするぐらいです。

平成最後の今年も、みんなそれぞれで、過ごしました。

主人は、地元のお友達と一畑山薬師寺へ行ったようでした。

それはかなり以前から薄々気づいてはいた事なのですが、彼は本当に独特のセンスの持ち主で、「えっ?」と思うようなセレクトをする事も度々です。

自分を信じている彼は、私の的確なアドバイスも全く参考にせず、ただひたすらゴーイングマイウェイです。

もうとっくに周りも学習し、また変わった格好してるよね。ぐらいの免疫はついています。

ところが、今回、初詣の際にお守りとパワーストーンを買ったところおまけでもらったと言うカレンダーを、玄関の正面に貼っていたのです。

外に出ようと思って振り向いて、思わずのけぞりました。

ここにこれ貼る?

ちょっとこれ貼るって…。

100歩譲って貼るの選択をしたとしても、ここ?

さあ、これはどうやって対処しようか。

私がストレートに言っても、きっと、なんで?

開運カレンダーだよ?と、聞く耳持たないに決まっています。

そうなるとまた面倒な展開になりそうなので、これは何とか彼を納得させて撤去。最悪移動させなければ。

私だと、つい角の立つ言い方をしてしまうので、ここは娘の出番。

娘も開運カレンダーの迫力が想像以上だったようで、早々に寝室の主人の枕元に移動し、事後報告。あれ、開運カレンダーって、御守り買ったらタダでくれたんだよ。とボヤいた程度で終了。チョロいね。と娘。

といった具合でした。

父親というのは、ここまで単純にできているものなのか。娘に嫌われる事が何より恐怖なのか。特に子供たちに甘いとは思わないのですが、唯一素直に受け入れられるのはDNAの仕業なのかも知れないなぁと思いました。

こうして、我が家のカレンダー事件は何とか終結したのですが、この娘作戦がいつまで通用するのか。

主人も、娘にとっての我が家がここではなくなる日も遠くないのでは、と考えてついつい言いなりになっているのかも知れません。

次の事態に備えて、開運カレンダーとかは一旦もらってありがたくお返しすると、更に開運パワーが増すらしいよ。とでも今から言っておこうかと思っています。

oh.biichan


Processed with MOLDIV

満足度の高い収納方法って?|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

「今年こそはすっきりと暮らしたい」と考え、決意を新たにしている方も多いのではないでしょうか。今回は、ウッド・アート・スタジオの収納についての考え方をお伝えします。

ヒアリングの際、お客さまにお話しするのは、「自分にとって必要なものがどれくらいかを把握しましょう」ということです。それと同時に、一緒に収納計画も行います。例えば玄関収納。たくさんある靴は今後も増やしていきたいのか、現状で満足なのか。釣りをする方であれば、道具を見せながら収納するかどうかなど。お客さまと趣味のことを楽しく話しながら、設計と営業が一緒にヒアリングするのが、うちのスタイルです。

LDKなどで多くの方が希望されるオープン収納ですが、これは、本当にきれいに片付けられる方以外にはおすすめできません。それよりも、箱を並べるとか、中身を扉で隠す収納の方が使いやすいのですが、見た目のいい箱を揃えようと思うと、扉を一枚造った場合と同じくらいの金額になってしまいます。

また、新たに既製品のカップボードなどを購入すると、造作家具よりはるかに高くなる場合があります。20万円のカップボードを購入するのであれば、造作の扉付きの棚が10万円ででき上がる方が、満足度が高いのではないでしょうか。

無駄を削ぎ落とした造作家具は、住まいの雰囲気と見た目が揃っている上、収納量もはるかに多いというメリットがあります。新築工事と同時に進めれば、安く造ることができるのも、一軒家ならではの楽しみですね。

それでもやはりお困りの方は、整理収納のプロである整理収納アドバイザーの話を聞くのもいい方法です。ウッド・アート・スタジオでは、収納相談も開催しています。ご参加いただくと、新しい発見があるかもしれませんよ。

1周年記念イベント

こんにちは。営業の鈴木です。

いよいよ当社の新事務所オープン1周年記念イベントが、

今週の12(土),13(日)と近づいてまいりました。

当社が新たに発表する、デザイン住宅「HOMA」と

薪ストーブを含むスローライフをテーマに

楽しいイベントにしようと企画してきました。

会場では、実際の薪ストーブを使ってピザや焼き芋が食べられたり、

薪割体験など、岡崎市内でスローライフ体験ができます。

さらに家づくりに興味のある方は、

不動産屋さんも招いての「家づくりシミュレーション」ができます。

他にも抽選なども用意しましたので、

家づくりが気になっている方は、

この機会に一緒に楽しく考えていきましょう。

2019年最初のイベント「デザイン住宅+スローライフ」&薪ストーブ体験会を開催します|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

2019年のウッド・アート・スタジオは、より地域に根ざした工務店でいたいと考えています。今後はイベントに力を入れ、オーナーさんや地域の皆さんなど、たくさんの方にお会いできる1年にしたいと思います。

昨年末には、ホームページをより使いやすくリニューアルいたしました。 

https://www.morinotakumi.com

完成から1年を迎えた事務所兼スタジオも、オープンルームとして、今後も広くみなさんに活用していただけるようにと考えています。

今週末の12日(土)・13日(日)は、事務所リニューアルの1周年記念のイベントでもある、「デザイン住宅+スローライフ」を開催します。
当日は「薪ストーブ体験会」も実施。
  
可動式の薪ストーブと全館空調の暖かさを体感していただき、屋外での薪割りを体験したり、実際に薪ストーブで焼いたピザや焼き芋を食べたりすることもできます。
 
火と薪があって、自然がある生活を体感しつつ、私たちの理念を知っていただく機会でもあります。 

今回は、薪ストーブを設置する職人さんと話したり、実際に燃やしているところを見たりできる希少な場となります。自宅で実際に使っているスタッフもいますが、薪ストーブは手間やコストがかかるもの。建てられる地域も限定されます。それでも、それを超える魅力があるからこそ、その良さを伝えたいのです。
 

暖かさは、室内なら半袖でいられるほど。そしてただ暖まるだけではなく、火が巻き上がりパチパチと燃える音がして、自然と人が集まることも魅力です。

薪ストーブが好き、気になるという方は、ウッド・アート・スタジオと共通する何かをお持ちの方かもしれません。

薪ストーブ体験会」は、ウッド・アート・スタジオの事務所で、午前10時から午後4時まで開催します。予約は必要ありませんから、お友達を誘って、ぜひ遊びに来てください。

https://www.morinotakumi.com/news/?dataNo=W210000017

夢の中

2018年最後のイベント。

大阪の追加公演のチケットが取れた!

と、友達から連絡があり、大阪なら日帰りで行けるし、せっかくチケットが取れたのなら是非観光からめて行こうではないか。

という事になり、アイドルコンサートへ行って来ました。

4時開演だったのですが、大阪行くんだから美味しいお好み焼きとか食べたいね。と、朝から新幹線で向かいました。

昼前に大阪に着き、まずはあべのハルカスへ。

スカイツリーとは違って、程よい高さで見晴らしも良く、そんなに混雑はしていなかったので、大阪城や通天閣。海遊館やUSJ、本日の会場の京セラドームもすぐ近くに見えました。

下に降りると、上からは見えなかった人があふれていました。

本当に活気ある街大阪です。

ここにいるたくさんの人達がみんなコンサートに行くんじゃないかと思うほどでした。

流れに乗って電車を降りると、併設のスーパーマーケットはトイレにまで警備員が出るほどのすごい人。

コンサートが始まる前に軽食とトイレを済ませておこうという考えはみんな同じなようです。

開場すると、あっという間に席が埋まっていきました。

ワクワクオーラ全開のまま夢のような楽しい時間でした。

小さい子供からお父さんや杖をついたおばあさんまで、アイドルパワーは本当にすごい!と私達も大満足でした。

それにしてもこの人たちのパフォーマンスを観るために集まった人たち。

隣接のスーパーマーケットに警備員を出動させ、電車を満員にし、駅のお土産屋さんからお弁当屋さんまでも人で溢れさせる。その経済効果はいったいどれぐらいになるのだろう。

それだけの魅力があるのだろうし、それを観て私のように活力をもらえる人達がいる。

こんな現実を知れば、彼らのプレッシャーもすごいんだろうな。と思ってしまいますが、また観たい。

改めて人のパワーと経済サイクルの基本のようなものを見た気もしました。

誰かの行動がこうやってたくさんの人を動員し経済を動かす。

その一環となっている自分。

もみくちゃになりながらなんとかお土産を買い、かろうじて買えた冷えたおにぎりを新幹線で食べながら考えてしまいました。

2018年最後のイベントを飾る華やかな気持ちになれました。

これで3ヶ月ぐらいは、ワクワク持続出来そうです。

oh.biichan

スタッフ紹介 統括部長 一級建築士 三嶋均 前編|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

今回は、統括部長で一級建築士でもある三嶋均を紹介します。

●ウッド・アート・スタジオへの入社理由は?

社長とは以前の会社からの同僚です。部署は違いましたが、色々な議論を交わすことが多々ある中で、家造りに対しては同じ目標だと共感できたこと。だからこそ、社長とは違った立場で、今までの経験や知識を、少しでも若い人たちに伝えたい、また逆に自分も新しいことを学びたいという想いで、入社を決めました。

●現在の主な業務を教えてください。

一つは「住宅診断」です。お客さまの住宅の屋根・外壁・基礎・構造・内装・設備について、今後どんなメンテナンスが必要か、リフォームをするべきか、建替えをすべきかなどを検討するために、目視による、既存住宅の現状調査と相談対応を行っています。

もう一つは「積算・設計」です。新築やリフォームにかかる費用の算出と、これからの住宅に必要なことは何かを考え、そのために、この住宅にはどのような材料や資材、どのような仕様、どのような設計がよりよいのかを企画検討します。

そして「セミナーの開催」です。本当の住宅計画とその必要性について、「まちゼミ」などを定期的に開催して、皆さんにお伝えしています。

●統括部長として、スタッフに伝えていることはなんですか。

カッコばかりの家造りはするな、と伝えています。家=住宅=住まいとは、人が暮らすスペースのこと。そこに住む人が、安心・安全・快適に長く暮らせることが全てですから、そのために努力を惜しむな、と。

住む人は十人十色、家造りに正解はありません。住む人それぞれの身の丈に合うご提案をするために、どうしたらいいのか? それには、お客さまへのヒアリングが一番重要です。どういったヒアリングをすればいいかを見つけるために、みんなで日々悪戦苦闘しながら、一歩ずつ進んでいこうと話しています。

●趣味や特技を教えてください。

ふらっと気がむいた時、本屋の店頭でポップを見ながらの文庫本選びと、そのまとめ買いした本を読むことが趣味です。他に、年に2・3回ほど、たまにですが釣りに行きます。最近は、10ヶ月になった初孫と遊ぶことも楽しんでいます。