はじめて工務店に行くと、どんな話をするの?

こんにちは、ウッドアートスタジオ広報企画の西崎です。

今回から新シリーズとして、どこで建てるかを決める段階までの流れを一つずつ解説していきます。

なぜこのシリーズを書き始めたかというと、ほとんどの人は初めて家づくりをするわけですから、何をするのか不安なことばかりだと思います。このシリーズを読んで家づくりの流れをざっくりと掴み、不安なく家づくりそのものに集中できるようになっていただけたらと思っています。

それではまず第一回目の題材は

「はじめて工務店にいく」


です。

みなさんはネットだったり雑誌だったりで、どんなお家があるのかな。どんな会社が家を建ててるのかと調べていると思います。そうするとだいたい好みの会社が出てくると思います。ではその中から実際に話を聞く会社を決めたら、ショールームや事務所、はたまたハウスメーカーさんなら住宅総合展示場などに足を運ぶ必要が出てきますよね。

でもなかなかスッと足を運ぶことはできないと思います。特に私たちのような地域の工務店などは入りにくかったりするでしょう。

なぜ入りにくのか

よく聞く理由としては
いざ行こうとしても何を聞いたら良いのかもわからない
アンケートに答えると営業からのアクションや電話がすごくなるんじゃないか
どこまでが無料で、どこからが有料なのかわかりにくい
という内容です。

つまるところ、工務店に行って、どういう話を聞いて何をしてくれるのかということがわかれば、安心して足を運ぶことができるということです。
では、ウッドアートスタジオでの最初のステップをご紹介しましょう。

まずは、見学会よりも弊社事務所スタジオに来訪されるのが良いです。
なぜなら見学会会場よりも資料の揃っている事務所スタジオのほうが話もしやすく理解しやすいからです。
見学会場でももちろん大丈夫ですが、フルオーダー住宅はひとつひとつの家が大幅に違うため好みの家と好みから遠い家もあります、そのため最初は事務所スタジオをオススメします。どんな家に住みたいのか、お聞きした上で参考にしやすい見学会にご招待いたします。

ここから足を運んだとしてどんな話をしたらいいのか、わからないという人も多いと思います。これは営業スタッフが今現状をお聞きして、何をお話しするかを判断しますので、特に気負う必要はありません。
例えばバッグが欲しいとなった時に、お店に行けばスタッフの人が出てきて
トートバッグですか?ブリーフケースですか?
何に使うようですか?ビジネスなら派手すぎないものがいいですね。
というような感じでアドバイスをくれると思います。
それと全く同じです。
お客様が家を建てるために、どういうことが必要なのか。いちからお話しさせていただきます。

普通の買い物と変わりありません。しっかりスタッフがご案内します。

そして最初にさせていただく話の中で必ず出てくる内容が、「我が社がどういった家づくりをしているのか」です。これはどこの工務店、メーカーでも同じですが、まずどんな会社なのかを聞かなければ良い家づくりはできません。家というのは買って建てたら終わりではありません。住み続ける間ずっとメンテナンスが必要ですし、その度にスタッフとコミュニケーションを取り続けることになります。自分たちの暮らしとマッチした方針の会社で建てることが、失敗しない家づくりへの第一歩です。

ウッドアートスタジオの会社方針は「永く住み継がれる住まい」です。構造はもちろん、日々の家計に影響する省エネや、快適な暮らしへの間取り提案、飽きのこないデザインなど細部に渡ってご提案します。今回の記事はシリーズものなので、各項目については、またあらためて記事にしようと思いますが、この会社の方針を聞くにあたって重要なことがあります。上でも話しましたが、家は買った時がスタートなのです。ずっと住み続けるからこそ、自分たちが理解できる方針を持った会社を選んでください。

そうして話していると、建物のプランや見積りを見てみたい、または提案してもいいですか?という内容になります。
ここが無料かどうかは会社によって変わります。プランは無料なのか有料なのか、どこで建てるか判断するときはいつなのか、もし説明がなかった場合は明確に質問してください。家を契約するまでは、一度事務所に出向いて「じゃぁ貴方のところで建てるよ」とはなりませんよね。何度も打ち合わせをする必要があります。その間、いつお金がかかるのか、もし次の打合せで請求書がきたらどうしようなどと、あやふやなまま進んでいては、集中することができません。

ウッドアートスタジオでは、初回面談から間取りプランを1回、それに対するお見積もりを1回までは無料で行うことができます。スッとお話しが進んだとしてもお見積もりをお出しするまでは最低でも二ヶ月は必要です。
そしてこのプラン1回見積り1回というのは打合せの序盤でしかありません。本番は一度プラン見積りをご覧いただいた後に設計の申し込みをしていただいたあとです。そこからさらに建築家と間取りの詳細打合せ、インテリアコーディネーターとの仕様打合せを経て、最終お見積りを確認してから工事請負契約となります。

まとめ

突然事務所やショールームに行ったからといって、お金がかかるとか何かしなくてはいけないということはありません。安心して来場してください。
なにより家づくりは、いろいろな話を聞く必要があります。どんな工法なのか、材料は何を使っているのか、それを自力で調べるよりも聞いたほうがわかりやすいでしょう。
まず第一歩は、どんな会社なのか話を聞いてみるということです。

木々

こんにちは。上川です。

朝はまだ寒く布団からなかなか抜け出せませんが、
昼間は日差しも暖かく春を感じるようになってきました。

事務所の木も新芽が出始めています。

緑いっぱいの庭がこれから楽しみです。

西海岸スタイル

こんにちは。営業の鈴木です。

近頃は気温も暖かくなり、

ようやく冬も終わったのだと肌で体感できるようになりました。

昼になるとむしろ暑いと感じるくらいで、

暑がりの自分は夏にはどうなってしまうのかと早すぎる心配もしてしまいます。

僕には暑くなく花粉も飛ばない秋が一番合っていますね。

みなさんはどの季節があっているでしょうか?

タイトルにもしました「西海岸スタイル」は

おおよそ明確な定義はありませんが、

僕は年中「夏を感じたい」人が好むスタイルだと思っています。

見た目のデザインを見てみますと、

カリフォルニアなどの日差しが強い地域の影響を強く受けています。

あちらの住宅は、強い日差しと海風にさらされた木造住宅が多く、

素材の色も良い感じのアッシュに経年変化しています。

また、日差しに負けないくらいの気持ちのいいホワイトの外壁も特徴です。

そして、インテリアに鮮やかなマリンカラーを差し込めば

一年中夏の日差しとブルーオーシャンを想起させる家ができるわけです。

こうやって好きなものに触れられる家が作れたら最高ですよね。

注文住宅ならどのようなスタイルでもできますので、

理想に合った家を作るのでしたら一番良い方法だと思います。

ちなみに僕は車とDIYが好きなので、

小屋みたいなガレージハウスを建てて自分で改造するのが夢です。

みなさんはどんな夢をお持ちでしょうか?

豊田市K様邸 上棟

こんにちは森小です

豊田市K様邸が無事上棟を迎えました

午後から少し風が強かったですが晴々した上棟日和となりました

夕方には上棟式を執り行いました

WASの上棟式は基本的には御施主様と我々スタッフ

建て方工事を行った職人さんとで行います

お施主様が面と向かって職人さんと顔を合わせる機会も少ないので

こういった場を設ける事で今後現場にも気軽に来て頂き易くなると良いなと思います

K様、上棟おめでとうございます

スギ材について

こんにちは。営業の鈴木です。

最近、花粉の猛威がすごいですね。

岡崎や豊田は山間部も多いので、その影響も大きいです。

僕の実家は足助なので、周りの山はスギだらけ。

部屋の換気に窓を開けると、空気清浄機が突然フル稼働しだします。

帰宅時に僕が部屋に入っただけでも反応する・・・

そんなに花粉付いているのかと驚かされます。

そんな悪いイメージばかりのスギですが、

木材として見てみるとどうなんでしょう?

スギは腐りにくく、長寿の木として知られています。

木の中の赤味にはタンニンが多く含まれることから

腐りにくいという特徴もがあり、

日本の樹木の中で最も寿命が長く樹高が高くなる木でもあります。

床材として使用すると針葉樹特有の柔らかさから、

歩いても脚が疲れにくいところがあります。

実家の床材がスギなのですが、

素足で歩いても堅い印象はありません。

例えば、堅い床材の上でずっと立ち仕事をすると、

脚の裏やひざに疲労が溜まっているのが分かります。

特に僕のようにスリッパをはく習慣がない人、

柔らかいスギ床はぜひオススメですよ。

みなさん新築やリフォームの際にはスギ材を考えてみましょう。

そして日本の山からどんどんスギを無くして

花粉症の無い快適な未来を作るのです。

といった冗談はさておき、木材は木によって様々な特徴があるので、

少し調べてみると面白いですよ。

新城市S様邸 解体工事

こんにちは森小です

新城市S様邸の解体工事が始まりました

解体工事を行っているのは (有)ひかり さんです

先日解体御祓いを行い、解体屋さんと一緒にご近所へご挨拶回りをさせて頂きましていよいよ工事開始です

こちらの広縁に使われていた床材は新築で再利用するため

あとで大工さんに一枚一枚剥がしてもらいます

↓玄関の大きな框も再利用される予定です

建て替えとは言え、壊れる時の寂しさはありますが

こういった思い出のものも残しながら新たな工事が始まります

春の訪れ

少し前から、部屋に切り花を飾るようになりました。

昔から観葉植物などには興味があったものの、なかなか上手に育てられず断念してしまっていたのですが、切り花ならいいかと思い、まず手始めにお得コーナーのものを2種類ぐらい組み合わせて挑戦してみました。

娘時代は、母が大人のたしなみにと、お茶やお花を習わせてくれたので、生け花は何年か通ったのですが、なぜ好きなように生けてはいけないのかどこか理解できず、先生に直してもらっても、結局家で生け直す時にはオリジナルで生けてしまうというなんとも素直じゃない生徒でした。

その時に一通り花器も揃えたのですが、剣山にさすよりは好みの花瓶に配色を考えていける方が好みで、いくつか花瓶を集めていたので、お花を見ながらあの花瓶に挿したらかわいいかな。など想像しながらお花を選んでいるととても時間がかかってしまいました。

少しでも長く楽しめるように蕾の多いものを選んだりして、部屋と玄関に置いておきました。

すると2、3日のうちに次々と花が開き始めて、その印象がどんどん変わっていきました。

改めて植物の生命力を実感します。

水と日光だけで、切られているのに花を咲かす。

生きている。

それだけで見ているこっちを癒してくれるなんて。

健気なような素直なようななんだか不思議な感情になりました。

そうなると、次はどんな色の組み合わせにしようか。

あの花瓶は口が小さくて思ったようにさせなかったから茎の細い用がいいな。

この花はこんな花瓶ならかわいいかも。

と色々想像するのが楽しくなってきます。

自分では上手く育てられないけれど、誰かが上手に育ててくれたお花が我が家のほんの小さな空間を豊かにしてくれて大満足です。

素敵にガーデニングとかされているお宅は見ているだけで華やかに見えますがお手入れは本当に大変だろうな。それでもきっと楽しいだろうな。と思いながら、私には切り花が精一杯だと思い知らされます。

春本番になってたくさんの植物たちが芽吹く季節に突入すると、あちこちで自然の生命力を感じられるので今からとても楽しみです。

oh.biichan

3/16,17 見学会

こんにちは。営業の鈴木です。

本日は見学会のご案内です。

今週末の16(土),17(日)には、

豊田市平和町にて見学会が開催されます!

トヨタ自動車本社の近くでアクセスしやすい場所でもあります。

今回の見所は、木をふんだんに使ったインテリアです!

天然木がいたるところに使われており、

素材の経年変化が楽しめるところがポイント!

お施主様のご家族とともに年を刻んで変かしていく素敵なお家です。

2日間しかお見せする事ができないのは残念ですが、

この機会にぜひご覧になってください!

ご予約は、トップページの見学会リンクから可能です。

では会場でお待ちしております。

豊田市K様邸 着工

こんにちは森小です

豊田市K様邸の工事が始まりました

K様邸はご両親のお家の横に新築を建てます

写真の奥にはお父様のかっこいい愛車が写っています!

鉄筋屋さんが来て1日かけて鉄筋を組み、翌日に配筋検査を受けました

ここ最近不安定な天気にも恵まれ、無事に基礎工事が完了です

ウッドデッキ

こんにちは、営業の鈴木です。

本日はウッドの物件で気になった事が。

ご覧のウッドデッキ、なんとなくスッキリしている感じがしませんか?

ちょうど私もDIYでウッドデッキを作ろうと思って、いろいろなサイトの作例を見ていました。そのどれとも異なる違和感を感じた、ふと気になって下から撮ってみました。

そうして分かった違和感の正体・・・それは「ゴムパッキン」でした!

普通はブロックを土台にして、その上にウッドデッキを乗せるのですが、これは下にゴムパッキンを敷いています。それにより生まれる3つのメリットが考えられます。

一つめはデッキの足回りがスッキリすること。ブロックだとどうしても目立ってしますので、ガルバリウムの様なスッキリとした家と合わせるにはどうも違和感を抱いていました。それがゴムパッキンにすると足回りがストンとまとまってバランスも良いです。

二つめは柔軟性。ゴムパッキンは薄いので、地面の形状がたとえ斜めになっていても、ウッドデッキの脚の角度を調整してパッキンをつけるだけで、どんな地面の角度にも合わせられます。ブロックだと地面は水平でないといけませんから、それだけでも幅が広がりますよね。

三つめは排水性。雨が降った後に晴れても、木と木に挟まれたこと箇所や、溝などはすぐには乾かず、湿っているものです。湿気はカビの原因にもなり、木を弱らせる恐れがあります。特に雨にさらせれるウッドデッキは顕著ですよね。その間をまたまたゴムパッキンによってスキマを作ることによって、湿気を放出できるようになっています。画像の上の部分を見るともあえてそうやった施工になっていることが分かります。

普段は気にしないようなところも、ちょっと注目して見てみることで、職人さんがこれだけ考えられて工夫してあることに驚きました。こういった細かいこだわりが積み重なるとこで、質の良い家になっていくのだと感じました。

このアイデアは早速DIYにも活かしたいと思っています。職人さんには学ぶことが多いので、頭が上がりませんね。以上、私の「気になった」お話でした。