Ⅰ様邸上棟

こんにちは、夏目です。

先日、私担当のⅠ様邸が
無事上棟致しました!

自分の担当物件は、2度目の
上棟でしたが、やっぱり
感動しますね!
図面で書いていたものが、
実際に形となっていく瞬間は
自分もうれしい気持ちになります!

現場は今後も進んでいくので
お客様と一緒になって
完成の日を楽しみに待ちたいと
思います!

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観の写真を忘れてしまったので、

内部を。笑


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

中間立会い

こんにちは、夏目です。

先日、今現在造作工事中のS様邸の
中間立会いに行ってきました。

現場は、床貼と天井下地組が進んでおり、
前回来た時からは、工程も進み、
お客様も何となく部屋のサイズ感などが
つかみやすくなったんではないかと
勝手に思っておりました!!

私も以前、現場管理の仕事をしていたので
今回現場を見て、今まで見てきた現場とは
色々と違うところが見えて、
机の上でプランを考えている時とは
また違った楽しさがあって
やっぱり現場って面白いな!と
改めて、感じました。

では、最後に写真を。

天井のボードを貼るために組まれた下地
この上に断熱材が敷かれて、ボードを貼っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁のボードの端部もしっかりと留付けができるように
柱と間柱の間にも下地を入れてあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フローリングの平行がきれいにとれるように壁の中に入ってしまう
ところにもフローリングの端材を貼っています

タイルミュージアム

こんにちは、夏目です。

先日、
岐阜多治見市にある
タイルミュージアムに
遊びに行ってきました。

日本の有名建築家が設計した
ものです。

多治見市は
モザイクタイル発祥の地で
生産量も全国一だそうで

昔ながらの懐かしさのあるものや
きれいに張るのはすごく難しそうな
不成形なものなど色んな種類のタイルが
展示してあり、楽しく見て回ることができました。

久しぶりにカメラを持ち出して
出かけましたが、
やっぱり写真は楽しいですね!

自分は単焦点レンズを
使用しているので
ひたすら自分で動き回って
いいポイントを見つけて、カシャ!

そこが単焦点レンズの
楽しいところかなと!

 

その帰りに土岐のアウトレットで
NIKONに寄って
広角レンズの
試し撮りを
させていただきました。

その結果
やっぱり広角レンズは欲しいなと。
なかなか簡単に手を出せる
値段ではないですが
コツコツレンズ貯金頑張りたいと
思います!

では、最後に写真を!
(これは携帯で撮ったものです(笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様邸 お引き渡し

 

設計の我山です。

 

続、お引き渡し済み物件の紹介シリーズとなります。

 

今日ご紹介するのはI様邸です。

 


 

 

 

 

 

 

こちらの敷地内には1.6mの段差がありまして、

その段差を利用して設計したお宅になります。

 

構造としては弊社では珍しい、

鉄筋コンクリート造(RC造)と木造の混構造です。

 

1階部分がRC造となっており、

裏半分が地中に埋まっている状態になっています。

 

以前の記事はこちらです。

『屋上緑化の計画』

『型枠・鉄筋工事』

『電気立会い』

『コンクリート打設』

 

コンクリート打設から完成まで、一気に飛んでしまいましたね~!笑

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

どうですか!? このオーバーハング!!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場の屋根が屋上緑化されていて、

TM9という比較的成長の遅い芝を張っています。

 

通常の土より軽いものを使っていて保水性能が低いので、

電子制御による自動灌水装置を備えています。

 


 

 

 

 

 

 

そしてこの屋上緑化されたデッキには大きな役割があって、

それは『前面道路からの目隠し』です。

 

目隠しというと普通は目隠し壁を立てますが、

それでは道路の反対側にある公園の木々まで見えなくなってしまいます。

 

今回はI様の強いご要望で、『公園の桜が見える様に設計して欲しい!』

という事でしたので、デッキを伸ばす事によって下からの目線のみを

遮る手法をご提案させて頂きました。

 

どうですか? 木々は見えるけど、道路は見えませんよね!?

作戦は大成功です!!

 


 

 

 

 

 

 

 

ロケーションによって大きく設計は変わります。

 

『その敷地のロケーションの良いところを最大限に生かす』

 

基本的な事ですが、非常に大切で、難しい事でもあります。

 

これからもこの難題に、正面からぶつかっていきたいと思います。

 

K様邸 お引き渡し

 

設計の我山です。

 

また私の担当させて頂いたお宅の写真が出来てきたので、

紹介していきたいと思います。

 

まずは外観から。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁はグレーのガルバリウムに、

ホワイトの樹脂サッシを組み合わせています。

グレーってありそうでなかなか無いですよね。

個人的にはとても好きな色です。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

『蓋を開けたら玄関扉が出てきた!』

というイメージで庇が付いています。

支えなしで2mぐらい跳ね出しています。

どうやって出しているかは内緒です。

外構工事前の写真なので、ポーチの床が無いですが・・・

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関を入るとK様がどうしても入れたかったという

スチール階段がドーンと構いえています。

床の段差には間接照明が組み込まれていて、

白い砂利も敷かれています。

中庭のサッシも、枠が見えない様に工夫がされています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがLDKです。

勾配天井にウエスタンレッドシダーが貼られていて、

その天井にそのまま照明器具を付けたなかったので、

掘り込んだ中にダウンライトを仕込んでいます!

ロフトへ上る階段は木製の片持ち階段で、

LDKの一番のアクセントになっています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

LDK内には段差があり、リビングスペースが

少し上がった所にあります。

ダイニングテーブルはTVラックから繋がった形状で、

段差を利用して座る様になっています。

壁に付けられた『flame』の照明が良い雰囲気を演出しています。

手前の青い壁の部分は『ポーターズペイント』という

ムラの出る特殊な塗料で塗られています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

北側の開口部には木製サッシの『ガデリウス』を採用しました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはキッチン裏のカウンターですが、

モルタルの様に見えて、実はモルタルではありません。

今回は『モールテックス』という、見た目はモルタルだけど

モルタルより強度があって使いやすいという材料を採用しました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは新発売の、ウッドワン『フレームキッチン』です。

メーカーが出すキッチンとしては

なかなか思い切ったデザインで、個人的にはとても好きです。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロフトには造り付けの本棚があり、

くつろぎのスペースになっています。

 

社員旅行

 

設計の我山です。

 

3/7~10の4日間、お休みを頂いて社員旅行に行ってきました!

行先はタイです。

バンコクを拠点に、パタヤ近くの島へ行ったり、

アユタヤ遺跡へ行ったりと、観光地めぐりをしてきました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンコクに着いて早々、トゥクトゥクを発見したのでパチリ!

電線が凄い事になってます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイにはバイクがいっぱい走ってます。

 


 

 

 

 

 

 

初日は夕方到着したので、まずはナイトクルーズから。

タイ料理ではなく、外国人向けのラインナップでした。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日はパタヤビーチから船に1時間ゆられて、

ラン島というところでゆっくりしました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココナッツジュースを飲む小林さん

味は・・・

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして実弾射撃場があったので、早速行ってみました!

 


 

 

 

 

 

 

僕はM16ライフルと45口径マグナムを撃ちました。

実弾銃の反動はなかなかのものでした!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後はバンコクへ戻ってナイトマーケットへ

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

動かない人が居ました。

 


 

 

 

 

 

 

3日目はまず水上マーケットへ

 


 

 

 

 

 

 

エンジン付きの船はかなりのスピードでした!

 


 

 

 

 

 

 

エンジン付きの後は、手漕ぎ船へ移り

お土産屋さんが並ぶところをゆっくりと周遊。

 


 

 

 

 

 

 

ケロケロ音が鳴るカエルの置物を売りつけられる岡田さん

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかいい雰囲気です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビを腕に巻きつけられる小林さん

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

像に巻きつかれる庭瀬くん(先月入社した設計さんです)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

船の後は像に乗りました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いのほか揺れました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動はニセキティちゃんのバスで。

次の目的地はアユタヤ遺跡です。

 


 

 

 

 

 

 

たまには集合写真でも。

表情は硬いですが、みんな楽しんでましたよ!笑

このメンバーは観光組で、他にもゴルフ組がいました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪しげな食べ物

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

『写るんです』で写真を撮る関さん

いま流行ってるらしいです・・・

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺跡の穴にハマる森小さん

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジア?と思わせる木に埋もれた仏像さん

 


 

 

 

 

 

 

アユタヤ観光の後はニューハーフショーを見ました!

 


 

 

 

 

 

 

そしたら比嘉さんが舞台へ連れて行かれて・・・

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハチャメチャにさるというオチで、

楽しいタイ旅行は終了しました・・・笑

S様邸上棟

こんにちは、夏目です。

久しぶりの更新となりましたが、

なんと今回は!!
初めて??
仕事の話題を載せたいと思います。
今までは、会社のブログを
私物化していましたが、
やっと私の担当物件が始まってきたので
物件の進捗状況も合せて更新していきたいと
思います。

先日、私の初担当のS様邸が上棟致しました!
長い打合せ期間を終えて、やっと上棟を
迎えることができました!

お施主様にとっても、私にとっても
記念すべき日となりました。

当日は、朝から上棟作業が進み、
無事上棟式も迎えることができました!

1日で上棟してしまうのは、やっぱり
職人さんはすごいですね。
あっぱれです!

今後も現場は続いていくので、
完成までみんなと協力して、
無事引渡せるように、頑張りたいと思います。

では、また。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


I様邸 造作完了立会い

 

設計の我山です。

 

先日、I様邸の造作完了立会いを行いました。

I様邸は1階がカフェで、2階がご自宅という店舗併用住宅になります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁にはウエスタンレッドシダーという木を貼っています。

お店という事もあって、思い切って全面レッドシダーにしました。

レッドシダーは水に強い木なので、無塗装でも腐ったりしません。

(手前のカッコいいボルボは私の愛車です!笑)

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓が横一列に並んでいて、外観のアクセントにもなっています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の中にもレッドシダーの木を貼って、暖かい雰囲気となっています。

開口が空いている部分には、アンティーク窓が入る予定です。

 


 

 

 

 

 

 

厨房の床下に隠れてしまう配管です。

透明の床で仕上げて、配管が見えたら面白いのになぁ~と

これを見て思ってしまいました・・・

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが2階のリビングになります。

ロフトにトップライトを設けて、裏のクスノキが見える様にしました。

 


 

 

 

 

 

 

ロストからの眺めです。

2階もコーナーに横一列で窓を配置しました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロフトへ上げる階段。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成が楽しみです!

S様邸 お引き渡し

 

設計の我山です。

 

先日ご紹介しましたF様邸に続きまして、

今日はS様邸をご紹介したいと思います。

 


 

 

 

 

 

 

こちらは2月11日、12日と見学会を開催させて頂いたお宅で、

本格的な『パッシブ設計』を採用させて頂いたお宅です。

 

パッシブハウスとは何か?

 

簡単に説明しますと、自然のエネルギーをうまく利用して

夏涼しくて、冬暖かい、快適な空間を創りだす事です。

 

パッシブ(受動的な)の対義語は、アクティブ(活動的な)ですが、

要するにエアコンや、ファンヒーターなどの機械空調に頼る事を

建築業界ではアクティブと言います。

 

世間でよく聞く『高断熱・高気密住宅』というのは、

断熱性能と気密性能を上げただけの住宅というのが殆どで、

基本的には機械的な空調に依存する考えの基に造られています。

 

それに対してパッシブハウスは、機械的な空調設備に頼ることなく

快適な空間を創りだすので、究極のエコハウスなのです。

 

これには緻密な計算により、

断熱、通風、調湿、蓄熱、輻射、日射取得、日射遮蔽・・・と

いろいろな事をコントロールする必要があります。

 


 

 

 

 

 

 

図示すると、こちらが夏で

 


 

 

 

 

 

 

こちらが冬

 

詳しく説明し始めると終わらなくなってしまうので、

興味のある方は我山までお問い合わせください!笑

 

 

それでは前置きが長くなりましたが、

そんなパッシブハウスのS様邸をご紹介していきたいと思います。

 


 

 

 

 

 

 

 

外観は4つの箱が重なり合ってる様なイメージで、メインがガルバリウム、

一部にウエスタンレッドシダーの木を貼っています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ドアはキマドという日本メーカーの木製ドアです。

取手の無いデザインでスタイリッシュ、かつ断熱性能も高い商品です。

 


 

 

 

 

 

 

玄関を入ったら大きな土間があり、LDKと一体の空間になっています。

階段は木製のスケルトン階段とし、手摺はスチールを使いました。

 


 

 

 

 

 

 

床材はアルダーという珍しい木を使っています。

天井は外壁にも使ったウエスタンレッドシダーです。

 


 

 

 

 

 

 

天井と床材が屋外まで繋がっていく事で、空間の広がりを感じます。

サッシもエクセルシャノンというメーカーのオール樹脂のサッシを使い、

トリプルガラス(一部ペア)で大幅に断熱性能を高めています。

この大きな窓から、太陽熱をしっかり取り入れます。

庇の高さや奥行き寸法が、非常に重要となってきます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の手摺はワイヤーを採用

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹抜けに面したフリースペースはご主人様のお城です。

 


 

 

 

 

 

 

奥には稲穂を見渡せるコーナー窓があります。

こちらも断熱性能が高い、キマド製の木製窓を採用しています。

 

高性能でもデザインを犠牲にしない。

 

そんな住宅をこれからも造っていきたいです。

F様邸 お引き渡し

 

設計の我山です。

 

先日、あるOB様より『我山さん、最近ブログ更新してないね!』と

ご指摘を頂きましたので、頑張って更新していきたいと思います!(笑)

 

でも、みなさんお引き渡し後もブログ見て下さっているんですね。

本当にありがたいなぁって思います。

 

さて、だいぶ期間が空いてしまったので、その間に私のお客様だけでも

お引き渡しをしたお宅がたくさんあります。

ですので、これから少しずつご紹介していきたいと思います。

 

まずはF様邸です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな外観に、海外製の木製窓が3つ付いています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ドアも海外製の木製ドアです。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関入った正面にある造作の手洗いです。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

その横にはギャラリースペースを兼ねた階段があります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階へ上るとチェッカーガラスのドアがあり、

そこを入ると・・・

 


 

 

 

 

 

 

明るいLDKが広がっています。

この辺は住宅密集地で、北側以外全て家で囲まれています。

ですので、LDKを2階へ持っていき、明るいLDKを確保できました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンからの眺め

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

南が建物に対して斜めに振っていたので、

コーナーに大きなサッシを2つ入れる事により

LDKに長い時間太陽の光が注がれます。

 

また、1段上げた部分に座ったり、腰をかけたりする事ができ、

そこから屋外のウッドデッキへ繋げる事により広がりを持たせました。

 


 

 

 

 

 

 

天井は勾配になっており、上にはロフトがあります。

 


 

 

 

 

 

 

キッチンの向こうには引き戸があり、その向こうには・・・

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッキリとした和室へ繋がっています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてリビングからアクセスできる室内物干しスペースも、

共働きのF様には必須の部屋でした。

これでウッドデッキやLDKに洗濯物を干さなくて済みますね。

 

 

次回は、ブログの更新についてご指摘を頂いた

S様邸をご紹介したいと思います!笑