養生の重要性

こんにちは、ウッド・アート・スタジオ 工務課 永井です。

  

  

6月22日は夏至でしたね。

北半球では1年で最も昼の時間が長くなる日です。

   

これからどんどん暑くなりますね。

みなさん熱中症にご注意ください!

           

   

   

そんな暑い中、当社のリフォーム物件の養生をしてきました。

  

  

   

まず、リフォーム物件で養生をする場合は、

今回の工事で施工しない部分を傷付けたり、汚さないために行います。

  

     

新築物件とは違い、すでに出来上がっている建物の一部のみ工事をするため、工事しない部分は現状維持でお引渡し出来るようにしっかり養生します。

   

   

今回使用した養生材は、

床養生用ブルーマット、マスカー、養生テープ、柱養生材、フロアー養生板。

  

  

【床養生用ブルーマット】

1.5mm厚で裏面にクッション材が付いており、

床や壁などを保護するために使用。

 

 

【マスカー】

半透明の養生シートにテープを一体化させた養生資材。

非常に便利!広い面積を簡単に養生出来ます。

   

    

【養生テープ】

ガムテープより粘着力が弱く剥がしやすい養生用テープ。

色によって粘着力が違います。

今回は、緑とピンク(ピンクの方が粘着力が弱いです)

用途によって使い分けています。

   

   

【柱養生】

発泡剤で出来ており、テープなしで柱などに直接巻き付けて保護します。

巻き付けるというより、はめる感じですね。

柱以外はカウンターなどの角にはめたりします。

   

   

【フロアー養生板】

滑りにくく耐水性にも優れ、床などを保護するために使用。

今回は階段に使用しました。

見た目はダンボールのような色で、少し柔らかい薄い板です。

   

   

まずは、床養生用ブルーマットを廊下に敷き詰めていきます。

立上りも少し養生しておきます。

  

さらに、こちらの建物は壁に化粧板が腰の高さほどまで貼ってありますので、そちらにもブルーマットを貼り付けます。

  

  

   

ピンクの養生テープは粘着が弱いので、化粧板に直接貼り付けます。

 

 

その場合もほんの1センチほどです。ギリギリです。

  

   

   

階段も踏板と蹴込み板全てにフロアー養生板を貼り付けていきます。

 

 

   

こちらは階段のサイズに合わせて手作業でカットします。

 

階段の踏板と蹴込み板の寸法を測り、1枚ずつカット…。

これが2人がかりでしたが、時間がかかりました。

  

サイズが合わないと階段を上がる際に危険ですので、

ジャストフィットにしていきます。

 

 

  

養生テープで丁寧に貼り付け、階段の笠木には柱養生材をはめ込みます。

   

   

テープの跡が床などに残ってしまわないように直接貼らず、養生材同士を貼り付けて固定していきます。

   

   

壁の上部はマスカーを貼り付けます。

  

  

マスカーは半透明シートの上部にマスキングテープが始めからつけてあるので、壁の上部から下まで一気に養生するのにとても便利なんです。

マスキングテープを貼り付けた後、シート部分をどんどんどんどん伸ばしていくと、壁一面1シートで覆うことが出来ました!

 

 

   

養生をしっかりやっておけば、工事中職人さん達が安心して作業していただけます。

 

 

   

今回は1階と2階の廊下・階段などを養生するのに、3人で3時間余りかかりました。

養生作業中も建物を傷つけないように注意しながら行いますので、終わった後は疲労感と達成感が!

 

 

お客様の大切な建物を守るために、養生はとても重要な作業です。

 

 

工事が終わり養生材を全て撤去した時に、素晴らしいリフォーム工事だったとお客様に喜んでいただけるよう頑張っています。

 

  

   

当社の施工現場をご覧になる際は、養生にもご注目いただきたいです。

   

   

  

新築もリフォームも養生はしっかり!丁寧に!

ZEHビルダー実績について

今日は、三嶋です。

飛び入りになります。お知らせです。

令和1年度 ZEHの対応目標を定めたので、そのお知らせです。
あらためて ZEH と言われても何の事という方のために 再度

ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス のことです。

簡単に言えば、家で、使用するエネルギーを節約し、また一方で再生可能なエネルギー(例えば太陽光発電)で創り出すエネルギーで、エネルギー使用量を見かけで±0。 そんな家を造ろうということです。

この取り組みに対して、国(経済産業省)が、補助金及び実施の方法を公表し普及に向けて活動しております。

令和1年度も、登録したビルダー(工務店・ハウスメーカー)に限定して補助金交付が実施されます。

 

今後も登録された、ビルダーに対して補助金を交付ということで、ウッド・アート・スタジオとしても登録ビルダーとして ZEH普及に向け令和2年度(2020年度)までに、下記のようなZEH住宅割合目標を揚げ取り組んでいくことになりました。

 

また、今年度より新たな取り組みとして、創エネとしての太陽光発電設備を、少ない初期投資で実現するために、新しいサービスの導入を決定しました。詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

平成30年度(2018年度)1棟 実績値

 

令和1年度(2019年度)30%

 

令和2年度(2020年度)50%

 

令和3年度(2021年度)60%

 

今後も、この目標達成の為、みなさんに満足いただける住まいづくりを目指します。

まずは、お知らせになります。

はじめて工務店に行くと、どんな話をするの?

こんにちは、ウッドアートスタジオ広報企画の西崎です。

今回から新シリーズとして、どこで建てるかを決める段階までの流れを一つずつ解説していきます。

なぜこのシリーズを書き始めたかというと、ほとんどの人は初めて家づくりをするわけですから、何をするのか不安なことばかりだと思います。このシリーズを読んで家づくりの流れをざっくりと掴み、不安なく家づくりそのものに集中できるようになっていただけたらと思っています。

それではまず第一回目の題材は

「はじめて工務店にいく」

です。

みなさんはネットだったり雑誌だったりで、どんなお家があるのかな。どんな会社が家を建ててるのかと調べていると思います。そうするとだいたい好みの会社が出てくると思います。ではその中から実際に話を聞く会社を決めたら、ショールームや事務所、はたまたハウスメーカーさんなら住宅総合展示場などに足を運ぶ必要が出てきますよね。

でもなかなかスッと足を運ぶことはできないと思います。特に私たちのような地域の工務店などは入りにくかったりするでしょう。

なぜ入りにくのか

よく聞く理由としては
いざ行こうとしても何を聞いたら良いのかもわからない
アンケートに答えると営業からのアクションや電話がすごくなるんじゃないか
どこまでが無料で、どこからが有料なのかわかりにくい
という内容です。

つまるところ、工務店に行って、どういう話を聞いて何をしてくれるのかということがわかれば、安心して足を運ぶことができるということです。
では、ウッドアートスタジオでの最初のステップをご紹介しましょう。

まずは、見学会よりも弊社事務所スタジオに来訪されるのが良いです。
なぜなら見学会会場よりも資料の揃っている事務所スタジオのほうが話もしやすく理解しやすいからです。
見学会場でももちろん大丈夫ですが、フルオーダー住宅はひとつひとつの家が大幅に違うため好みの家と好みから遠い家もあります、そのため最初は事務所スタジオをオススメします。どんな家に住みたいのか、お聞きした上で参考にしやすい見学会にご招待いたします。

ここから足を運んだとしてどんな話をしたらいいのか、わからないという人も多いと思います。これは営業スタッフが今現状をお聞きして、何をお話しするかを判断しますので、特に気負う必要はありません。
例えばバッグが欲しいとなった時に、お店に行けばスタッフの人が出てきて
トートバッグですか?ブリーフケースですか?
何に使うようですか?ビジネスなら派手すぎないものがいいですね。
というような感じでアドバイスをくれると思います。
それと全く同じです。
お客様が家を建てるために、どういうことが必要なのか。いちからお話しさせていただきます。

普通の買い物と変わりありません。しっかりスタッフがご案内します。

そして最初にさせていただく話の中で必ず出てくる内容が、「我が社がどういった家づくりをしているのか」です。これはどこの工務店、メーカーでも同じですが、まずどんな会社なのかを聞かなければ良い家づくりはできません。家というのは買って建てたら終わりではありません。住み続ける間ずっとメンテナンスが必要ですし、その度にスタッフとコミュニケーションを取り続けることになります。自分たちの暮らしとマッチした方針の会社で建てることが、失敗しない家づくりへの第一歩です。

ウッドアートスタジオの会社方針は「永く住み継がれる住まい」です。構造はもちろん、日々の家計に影響する省エネや、快適な暮らしへの間取り提案、飽きのこないデザインなど細部に渡ってご提案します。今回の記事はシリーズものなので、各項目については、またあらためて記事にしようと思いますが、この会社の方針を聞くにあたって重要なことがあります。上でも話しましたが、家は買った時がスタートなのです。ずっと住み続けるからこそ、自分たちが理解できる方針を持った会社を選んでください。

そうして話していると、建物のプランや見積りを見てみたい、または提案してもいいですか?という内容になります。
ここが無料かどうかは会社によって変わります。プランは無料なのか有料なのか、どこで建てるか判断するときはいつなのか、もし説明がなかった場合は明確に質問してください。家を契約するまでは、一度事務所に出向いて「じゃぁ貴方のところで建てるよ」とはなりませんよね。何度も打ち合わせをする必要があります。その間、いつお金がかかるのか、もし次の打合せで請求書がきたらどうしようなどと、あやふやなまま進んでいては、集中することができません。

ウッドアートスタジオでは、初回面談から間取りプランを1回、それに対するお見積もりを1回までは無料で行うことができます。スッとお話しが進んだとしてもお見積もりをお出しするまでは最低でも二ヶ月は必要です。
そしてこのプラン1回見積り1回というのは打合せの序盤でしかありません。本番は一度プラン見積りをご覧いただいた後に設計の申し込みをしていただいたあとです。そこからさらに建築家と間取りの詳細打合せ、インテリアコーディネーターとの仕様打合せを経て、最終お見積りを確認してから工事請負契約となります。

まとめ

突然事務所やショールームに行ったからといって、お金がかかるとか何かしなくてはいけないということはありません。安心して来場してください。
なにより家づくりは、いろいろな話を聞く必要があります。どんな工法なのか、材料は何を使っているのか、それを自力で調べるよりも聞いたほうがわかりやすいでしょう。
まず第一歩は、どんな会社なのか話を聞いてみるということです。

木々

こんにちは。上川です。

朝はまだ寒く布団からなかなか抜け出せませんが、
昼間は日差しも暖かく春を感じるようになってきました。

事務所の木も新芽が出始めています。

緑いっぱいの庭がこれから楽しみです。

春の訪れ

少し前から、部屋に切り花を飾るようになりました。

昔から観葉植物などには興味があったものの、なかなか上手に育てられず断念してしまっていたのですが、切り花ならいいかと思い、まず手始めにお得コーナーのものを2種類ぐらい組み合わせて挑戦してみました。

娘時代は、母が大人のたしなみにと、お茶やお花を習わせてくれたので、生け花は何年か通ったのですが、なぜ好きなように生けてはいけないのかどこか理解できず、先生に直してもらっても、結局家で生け直す時にはオリジナルで生けてしまうというなんとも素直じゃない生徒でした。

その時に一通り花器も揃えたのですが、剣山にさすよりは好みの花瓶に配色を考えていける方が好みで、いくつか花瓶を集めていたので、お花を見ながらあの花瓶に挿したらかわいいかな。など想像しながらお花を選んでいるととても時間がかかってしまいました。

少しでも長く楽しめるように蕾の多いものを選んだりして、部屋と玄関に置いておきました。

すると2、3日のうちに次々と花が開き始めて、その印象がどんどん変わっていきました。

改めて植物の生命力を実感します。

水と日光だけで、切られているのに花を咲かす。

生きている。

それだけで見ているこっちを癒してくれるなんて。

健気なような素直なようななんだか不思議な感情になりました。

そうなると、次はどんな色の組み合わせにしようか。

あの花瓶は口が小さくて思ったようにさせなかったから茎の細い用がいいな。

この花はこんな花瓶ならかわいいかも。

と色々想像するのが楽しくなってきます。

自分では上手く育てられないけれど、誰かが上手に育ててくれたお花が我が家のほんの小さな空間を豊かにしてくれて大満足です。

素敵にガーデニングとかされているお宅は見ているだけで華やかに見えますがお手入れは本当に大変だろうな。それでもきっと楽しいだろうな。と思いながら、私には切り花が精一杯だと思い知らされます。

春本番になってたくさんの植物たちが芽吹く季節に突入すると、あちこちで自然の生命力を感じられるので今からとても楽しみです。

oh.biichan

ウッドデッキ

こんにちは、営業の鈴木です。

本日はウッドの物件で気になった事が。

ご覧のウッドデッキ、なんとなくスッキリしている感じがしませんか?

ちょうど私もDIYでウッドデッキを作ろうと思って、いろいろなサイトの作例を見ていました。そのどれとも異なる違和感を感じた、ふと気になって下から撮ってみました。

そうして分かった違和感の正体・・・それは「ゴムパッキン」でした!

普通はブロックを土台にして、その上にウッドデッキを乗せるのですが、これは下にゴムパッキンを敷いています。それにより生まれる3つのメリットが考えられます。

一つめはデッキの足回りがスッキリすること。ブロックだとどうしても目立ってしますので、ガルバリウムの様なスッキリとした家と合わせるにはどうも違和感を抱いていました。それがゴムパッキンにすると足回りがストンとまとまってバランスも良いです。

二つめは柔軟性。ゴムパッキンは薄いので、地面の形状がたとえ斜めになっていても、ウッドデッキの脚の角度を調整してパッキンをつけるだけで、どんな地面の角度にも合わせられます。ブロックだと地面は水平でないといけませんから、それだけでも幅が広がりますよね。

三つめは排水性。雨が降った後に晴れても、木と木に挟まれたこと箇所や、溝などはすぐには乾かず、湿っているものです。湿気はカビの原因にもなり、木を弱らせる恐れがあります。特に雨にさらせれるウッドデッキは顕著ですよね。その間をまたまたゴムパッキンによってスキマを作ることによって、湿気を放出できるようになっています。画像の上の部分を見るともあえてそうやった施工になっていることが分かります。

普段は気にしないようなところも、ちょっと注目して見てみることで、職人さんがこれだけ考えられて工夫してあることに驚きました。こういった細かいこだわりが積み重なるとこで、質の良い家になっていくのだと感じました。

このアイデアは早速DIYにも活かしたいと思っています。職人さんには学ぶことが多いので、頭が上がりませんね。以上、私の「気になった」お話でした。

今日のおうちづくりcafe

こんにちは。上川です。

今日、おうちづくりcafeのお客様にお出ししたスイーツとドリンクです。

今回のスイーツはレマンさんのタルト☆

ゆっくり寛ぎながら、住宅についてお話が出来る
人気のおうちづくりcafeです。

家づくりは、人生で何度も経験できることではありません。
特に初めての家づくりは、分からないことも多くあると思います。

「家を建てたいけど、まずは何をすればいいのか。」
「住宅資金ってどれくらい必要なんだろう。」
「ウッド・アート・スタジオって、どういう家を作っているのかな。」
家づくりに関するお話、なんでも結構です。

気軽に相談し易いのがおうちづくりcafe。

ご希望の方はご予約を。

お待ちしております。

木造住宅の構造計算て何?

今日は、三嶋です。

今回は、構造計算についてお話します。

ウッド・アート・スタジオの家づくりでは -7つのデザイン- を考えています。

その中の、【耐震性・耐久性 + 制振】【安心・安全】に係わることです。

 


●建物の『構造計算』て何?

⇒結論から言えば、建物の安全性を検討・確認するために構造設計をします。それを証明するのが『構造計算』ということです。


建物には、重力・地震力・風圧力・雷・津波等さまざまな力が作用します。そして、これらの力に対して、安全であるように、各構造部材を計算して確認します。

つまり、構造計算をすることは、建物の安全性の確認する、大変重要なものなのです。


だから、ウッド・アート・スタジオでは『構造計算』は絶対に必要なものだと考えています。

 


●全ての建物で構造計算は行なわれているか

⇒答えは、行なわれていません。


実は、構造計算を免除されている建物があります。


その代表的な例が 我々が建てている【木造住宅】 (建築基準法第6条1項四号・・・一般に四号建築物(木造住宅)と呼ばれます)の建物です。


本来、この 四号建築物(木造住宅) は
 イ.行政が定めた基準に適合していること。
 ロ.構造計算すること。
  『構造計算の許容応力度計算』が適用になります。


このイ、ロのいずれかを満たすことになっています。


しかし、一方(建築基準法第6条の三)では、『4号特例』というのが認められ。資格を持った建築士が四号建築物を設計すれば、確認申請時に必要な資料提出が省略でき、さらに構造計算もしなくて済むということが認められています 。


ということで、木造住宅では、通常、構造計算があまり行なわれていないという現状があります。


そして、このことを実際に家を建てる人や、一般にはあまり知られていません。



●現状の安全性の確認方法に問題はないのでしょうか?

⇒ウッド・アート・スタジオでは問題ありと考えています。


現状は、四号建築物(木造住宅)では、【建築基準法施工令40~49条】で定める『仕様規定』を満たすことになっています。                                     これで安全な住宅になっていれば、何の問題も無いのですが、実は、実際仕様規定を満たした木造住宅を構造計算(許容応力度計算)してみると、壁量等が足りない場合がある。

                                

つまり、現状の建物には、法令で定めた仕様規定は満たしているのに、構造計算(許容応力度計算)すると不適合という、安全性に問題有りというおかしなことが起きている建物が存在しています。

                                    現実に、この4号特例で、仕様規定で建てられた建物では、壁量不足等の問題が発生したことで、2009年に国土交通省が4号特例の廃止案が発表されましたが、結局廃止の無いまま現在に至ってます。



現状の問題点は?

                                    建築業界内の人でさえ、四号建築物(木造住宅)において

                                    問題点1.『仕様規定』イコール構造計算(許容応力度計算)と思い違いしている人が大勢いること。 

                                    問題点2.『仕様規定』に準じた家なら、安全性が確保出来ていると決め付けていること。

                                    問題点3. そもそも構造計算(許容力度計算)の存在を知らない人がいること。

                                    



ウッド・アート・スタジオの考え

                                    一生に一度の高価な買物といわれる家。地震もある、台風も来る、この日本で、安心・安全な家を提供する為に、構造計算(許容応力度計算)によって建物の安全性を確保すること。

                                    つまり、木造住宅の安全性の確保の為に、『仕様規定』ではなく、『構造計算(許容応力度計算)』で安全性を確保するべきだと考えています。

                                    この為に掛かる費用は、余分な費用ではなく、絶対に削ってはいけない費用と考えています。

立春

 立春も過ぎたというのに、寒い日が続いています。

昔は登校時に霜柱がおりていたり、学校の池に氷が張ったり、もっと寒い日も頻繁にあった気もするのですが、温暖化に慣れてしまっているようです。

節分あけに、雛人形を出しました。

一年のうち、1ヶ月間。

少しでも楽しめるように、今年も4日に出しました。

我が家の雛人形は、私たちの代から受け継いでいるものなので、50年もの。収納もコンパクトで、小物などをしまっておく箱もオリジナルのものはとっくになくなってしまっているので、適当なものにしまってなるべく出し入れしやすいようにしてあります。

人形もだいぶ痛んできているし、付属品も欠けていたりしてしまっていますが、それも味だと思って、楽しんでいます。

そもそも簡素なものなので、1人でも出せるのですが、これまでは子供たちと一緒に出したりしていました。

今年はマイペース主人がたまたま家にいて、「おっ。おひなさん出す?」と言ってきたので、手伝ってもらう流れになりました。

ところがいざやってもらうと、ネジを締めるだけの作業でも8組ある中で1つだけ短いものを使い、「これ短かすぎて全然届かないよ。」と…。

ここを締めるんだから、長いやつ使うでしょ。と。これが本当に頻繁におき、こりゃ1人でやった方が断然はかどるなぁ。と、内心思いながら、何とかひな壇が組み上がりました。

あとは写真の通りにお人形を並べて、小物を持たせてね。

と、彼に任せたのですが、途中で様子を見てびっくり。

何と三人官女が弓矢を背負っているのです。

1人は背中に弓の束を差し、もう1人はひしゃくの代わりに弓を一本持っています。

ちょっと!これはないんじゃない?

と言うと、持つものは適当でいいって言ったじゃん。

適当って弓矢は…。

こんなに関心ないものか?

そう言えば、我が家は広い和室もないので、居間に入ればすぐに目に入る場所に雛人形を飾るのですが、何年か前は出して4、5日後に雛人形が出ている事に気付いたりした事もありました。

「人形出したんだ。」

えっ?今⁇

これ、そんなにスルーできる?って言うぐらいの存在感はあるはずなのに、気がないってこんなもんかなぁと思ったものです。

まあ、彼は筋金入りのマイペース。

こういう人も稀にいる。

ということを私も30年近くかかりましたが、少しずつ受け入れられるようになってきました。

何度かダメ出しをして、例年より時間はかかったものの、何とか今年も無事お雛様を出すことができました。

最終的にはなぜか満足気に写メを撮っていました。

弓矢なんか持たされて落ち着かなかったね。

今年も子供たちの健康と安全を見守ってね。

来月まで楽しませてもらいます。

oh.biichan.

屋久島地杉の話-その2

こんにちは、三嶋です。

前回ご紹介した、屋久島地杉プロジャエクトの続きです。

そもそも屋久島地杉と日本の他の地域(本土)の杉と何か違いがあるのか?

         

答えは、違いがあるということです。

          

ではどんな違いが有るかというと。まず1つ目は、

2つ目は

と、こんな違いがあります。

                   

つまり屋久島地杉は、『高い油分』『独自の含有成分バランス』に起因する

【高い耐久性】【高い対候性】【強度】

をもった杉、もう一つの国産杉といわれています。

               

これは杉に限ったことではありません、桧にも産地によって同じような違いが有ります。

              

このあたりから、ブランド化され、屋久島地杉とか京都北山杉とか秋田杉とか東濃桧とか地域の名前のついた呼び方で、呼ばれています。

             

したがって我々も、それぞれの特性を生かして、建物の中で、使用場所に応じて最適な使い分けをいつも考えて使っています。

2月16日・17日のくらしマルシェにも、ウッドデッキ材の見本をお持ちする予定です。興味のある方は是非遊びに来てください。