工務店の見積もりはここに注目!

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

何かとお金が必要な家づくり。想定以上の出費がかかってしまったというケースも少なくありません。

家づくりの前段階で、まず工務店がプランを提示して、見積もりを出します。ここでしっかりと資金について考えておく必要があります。

家づくりの際には、家を建てる費用だけでなく、給排水工事や照明、付帯工事、あるいはインテリアやカーテン、外構など、さまざまな費用がかかります。

でも、実は多くの工務店では、こうした諸費用は見積もりに含まれていません。あくまで家の値段のみが見積書に記載されています。お客さまが「見積り金額=家づくりにかかる総額」と考えてしまうことと、後から資金が足りなくなるということになりかねません。

ですので、どんな費用が含まれているのかいないのか、しっかりと営業担当者に確認する必要があります。

ウッドアートスタジオでは、給排水工事や付帯工事などの費用や、照明・カーテンの費用まで、すべて含んでお見積りをお出ししています。他社の見積もりと比較すると高く感じられるかもしれませんが、諸費用込みという事情もあるからなのです。

大切なのは総予算。ぜひ「家を建てるだけではなく、実際に住むまでにいくらかかるか」ということを意識して資金計画や工務店選びをしていただければと思います。

古民家リノベは難しい?リノベをする前に考えておきたいこと

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

今、新しい住まいづくりのスタイルとして、中古物件を購入してリノベーションするという方法が注目されています。確かに格安で中古住宅を購入して内装を作り変えれば、新築よりもコストを抑えることもできます。実際にウッドアートスタジオでも、リノベーションの実績はあります。

ただ、注意しておきたいのは古民家をリノベーションするケースです。風情が感じられて程度が良い古民家は、なかなか街中ではありません。どうしても郊外にまで範囲を拡げる必要があります。

駅が遠くて買い物やお子さまの送り迎えも車で移動することを余儀なくされる。そういったデメリットを受け入れることも必要になってくるかもしれません。

また、耐震性も大きな問題です。古民家はどれだけ補強をしても耐震性能は新築にはかないません。耐震工事は3,000万円くらいかかるケースもあるのですが、それだけお金をかけたとしても、新築住宅のほうが耐震性は高いのです。

田舎暮らしがしたい、耐震性よりもデザインや「古民家に暮らしたい」という強いこだわりをお持ちでしたら、古民家リノベも良いかもしれません。

お得にリノベ物件に住みたいなら、築浅の一軒家やマンションを購入して、必要な部分だけ作り変えるというのがおすすめです。

ウッドアートスタジオではリノベーションにも力を入れていますので、ぜひご相談ください。

仕切るor 2部屋にする?子ども部屋の考え方

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

長い目で見て考えておいたいほうがいいのが子ども部屋の間取り。将来を見据えて家づくりの段階でしっかりと計画を立てておきましょう。

最近では大きなひとつの部屋を設けて、子どもが将来成長したときに仕切れるようにした間取りが人気ですが、実は必ずしもこのスタイルが正解だとは考えていません。

確かに小さい頃は兄弟姉妹で仲良く過ごし、思春期になったら仕切るというのは合理的に思えます。ただ、お子さまが独立された後にどう使うかが問題です。

歳をとったときに大きな部屋を持て余すということもよくあります。部屋が1つしかないと、できることも限られます。そもそも、子ども部屋を仕切って、独立したら仕切りを撤去してという作業を行うのも手間です。

であれば、最初から分けておいて、お子さまが独立された後は一部屋を収納スペースにして、もう一部屋は趣味の部屋にするというほうが良いケースもあります。クローゼットつきの4畳半くらいの部屋をにすれば、勉強机とベッドを置くことができて、お子さまが独立された後も十分趣味の部屋や収納スペースとして使えます。

大きな部屋を一つ設けるのか?2部屋にするのか?どちらが良いかはご家庭の状況やライフスタイルによって異なります。ぜひ、「子どもが巣立ったその後」を頭に入れて、子ども部屋を考えてみましょう。

ウッドアートスタジオの施工事例【アスレチック要素を取り入れた家・後編】

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

前回に引き続き、Uさまのお家を施工事例としてご紹介します。今回は2階部分と、気になる「アスレチック」について見てみましょう。

2階には子ども部屋とトイレ、畳スペースがあります。フロアの見せ梁も存在感があって立派です。

子供部屋はシンプルなクロスと大きな開口部で明るい雰囲気。ちなみに、天井には蓄光クロスが使われていて、夜寝るときに光る星模様が楽しめます。

そして他のお家にはないユニークな仕掛けがこれ。和室スペースとフロアがつながっておらず、ネットを渡って行くようになっています。このネットの下が、前回ご紹介した洗面室となっています。

日常のなかにアスレチック施設のような要素を取り入れる。遊び心あふれる空間ができあがりました。ちなみにネットの耐荷重は100kgなので、大人が乗っても大丈夫です。

お子さまたちがはしゃぎながら畳スペースに行って遊ぶ。そんな光景が目に浮かびそうです。

玄関と隣接するキッチン、大きなパントリールーム、壁と一体になったドア、そしてアスレチック施設のようなネットを渡って行く畳スペース。斬新なアイディアが満載。唯一無二の一軒ができあがりました。

今回、写真撮影にご協力いただきましたUさま、本当にありがとうございました。いろんなこだわりが形となり、私たちも嬉しい限りです。ご家族皆さま末永く健やかにお過ごしください。

ウッドアートスタジオの施工事例【アスレチック要素を取り入れた家・前編】

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

今回は名古屋市近郊におすまいのUさまのお家をご紹介します。30代のご夫婦とお子さま2名というご家族構成。いろんなこだわりと遊び心が詰まった一軒です。

玄関を入ると目の前には壁の代わりに大きなFIX窓。明るい空間で家族や来客をお出迎え。建具は造作です。

玄関ホールを進むとすぐにキッチンがあり、そこからダイニング、リビングに行くという珍しいレイアウト。食料品や日用品をキッチンに搬入しやすい動線になっています。

キッチンの奥にはパントリールームがあり、大量に物を収納することができます。頭上高さは140cmなので、屈んで入ることができます。

リビングダイニングには存在感がある登り梁が通っています。壁面にも無垢材を使っていて、木の香りと質感が存分に楽しめます。

こちらのお家のユニークな点はキッチンの横に寝室があるということ。目立たないようになっていますが、階段の手前に寝室のドアがあります。寝室の下に先ほどご紹介したパントリールームがあるという構造になっています。

洗面台も無垢の床材におしゃれなタイル張りとこだわりました。天井がネットになっていますが、これが今回のタイトルの「アスレチック要素」です。

いったい、どんなものなのか?次回詳しくご紹介しますので、楽しみにしていてください。

憧れの「天窓」の魅力

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

今回は屋根に窓をつける天窓のメリット・デメリットについて考えてみました。

天窓のメリットはなんといっても明るい室内空間にできること。昼間は太陽の光がしっかり入り込んで部屋が明るくなります。特に冬はポカポカ暖かくて快適です。

しっかりと光合成ができるので、室内でグリーンやお花を育てたいという方にもおすすめです。

ただ、あまりにも大きな天窓をつけてしまうと明るいを通り越して眩しいと感じてしまうことも。ですから、適度な大きさにされるのがおすすめです。電動のロールスクリーンを設置することもできます。

また、夏場は直射日光が射し込んで室内の気温が上がってしまいます。そこで、天井を三角にして天窓から空気を排出できるようにして、天井に昇った熱を外に出すという工夫もできます。

2階にグレーチングを設けるのもおすすめです。直射日光を防ぎつつも明るさを確保できて、見た目もおしゃれです。

空間を明るくしてくれるというメリットがある天窓ですが、眩しいと感じるときもある、室内が暑くなってしまう、掃除ができないというデメリットがあります。どちらを優先するか考えて、天窓をつけるかどうか決めてみてください。

近隣環境も考えた住宅設計

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

ある程度広さがあってきれいな形の土地じゃないと家は建てられない……そんなイメージはありませんか?

実際には、狭くても変形地でも、工夫次第で家を建てることは可能です。

変形であることを悪条件と決めつけず、特性を活かした間取りにすれば、通常の土地では難しいオリジナルなマイホームにすることができます。そこはまさに我々プロの腕の見せ所でもあります。

こちらのお家は土地が扇状になっていたため、1階は斜めにして、2階に大きな居住空間を設けるような設計にしました。

愛車を斜めのかっこいいアングルで停められるガレージハウスとなり、ご満足いただきました。

離れとして建てられたお家。1階と2階合わせて24坪という狭小地ですが、LDKに寝室、2つの子供部屋という、住むには不自由がない間取りを実現。


吹き抜けもあって開放感が感じられる空間となっています。

斜面がある土地に合わせて1階を半地下にしてガレージにし、2階にLDKや庭を配置するという間取りを設計したこともあります。2階に居住空間があることで、かえって外部からの視線を気にせず、のびのびと暮らせるという利点が生まれました。

ウッドアートスタジオでは土地探しの段階で家づくりのお手伝いをさせていただきます。検討されている土地の形や広さを見て、「どんな家が建てられるのか?」を考えてご提案します。

例えば隣の建物と近ければ日当たりやプライバシーの保護を考えて、あえて2階リビングをおすすめする、形がいびつだったらその土地に合わせてなるべく広く居住空間が取れる間取り設計を行うといった工夫ができます。

その土地だからこそ実現できる家がありますので、「狭い土地しか見つからないから」「土地の形がいびつだから」とあきらめるのではなく、ぜひ私たちに相談してみてください。

こだわりの家を実現する造作家具 〜キッチン編〜

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

毎日使うキッチン。住宅設備メーカーの既製品のキッチンはお手入れがしやすく収納力もありますが、自分だけのオリジナルなデザインや使い勝手にこだわるならフルオーダーや造作キッチンを考えてみるのも良いかもしれません。

フルオーダーとはお客さまのご要望に応じてデザインや仕様を決めるキッチン。収納や水廻りの場所、高さなども指定できて、腰壁や天板のデザインも選ぶことができます。少し割高にはなりますが、「使いやすいキッチンにしたい」「既製品を見てみたけどしっくり来るものがない」という方におすすめです。

造作キッチンは一から造るオーダーメイドキッチンです。フルオーダーのキッチンよりもさらに自由にキッチンの仕上がりを選ぶことができます。例えばキッチンとダイニングテーブルを一体にするといったことも可能です。一体にすることによって、キッチンで料理をしながらお子さまが宿題をしているのを見守ることができたり、できあがった料理をそのままテーブルに出すことができます。

ただし、造作キッチンは自由な分、割高になってしまいます。また、どこになにを収納するかも一から考えなければいけないので、なかなか手間と時間がかかります。「空間と統一感のあるキッチンにしたい」「木を使った上質なキッチンにしたい」というこだわりをお持ちの方にはおすすめです。

自由度は既製品、フルオーダー、造作の順で高くなりますが、それに伴って費用感も変化します。

お客様の生活スタイルや費用感に合わせた、最善のキッチンをプロの目線でご提案させていただきますので、ぜひご相談ください。

人気だからこそしっかり考えたい、平屋のメリット・デメリット

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

今、平屋の人気が高まっています。住宅情報誌などを見ていても「憧れの平屋」といったキャッチフレーズを目にする機会が多くなりました。でも、あこがれと現実は違うことも。今回は平屋のメリット・デメリットを考えてみましょう。

平屋のメリットは「全部に手が届く」という感覚。すべてワンフロアで完結するので非常に楽です。階段を昇り降りしなくて良いので、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭やシニアの方には適しています。

耐震性が高いのも平屋のメリットです。低重心だから揺れが小さく、2階建てよりも圧倒的に平屋のほうが安全です。

ただし、平屋にはデメリットもあります。当然ながら2階がないので居住空間が少なくなります。よほど土地に余裕がないと3LDK以上の建物を建てることができません。「収納スペースを少なくする」「ダイニングを設けずにカウンター・テーブルで食事をする」といったように、妥協しなければいけない部分も出てくるかもしれません。

お子さまがいらっしゃるご家庭だと「やっぱり2階建てに」ということになるケースも少なくありません。

確かに平屋はメリットも多くて魅力的ではありますが、ライフスタイルやご家族構成、土地の広さによっては2階建てのほうが良い場合もあります。迷われた際にはどちらが良いか、ご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

より上質な空間を演出するための照明計画

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

照明ひとつでもお部屋の雰囲気はガラリと変わります。シーリングライトも明るくて実用性があって良いのですが、もうちょっとこだわってみると、より上質で落ち着いた雰囲気を演出できます。


今のトレンドはダウンライト。光が当たらないところがないように、いくつものダウンライトを使って室内を照らします。

暗いところがあれば、フロアライトやペンダントライト、スポットライトなどを使って補います。特にキッチンやダイニングなどは手元が明るく見えるように、ペンダントライトをご提案することも多いです。おしゃれなものを選べば、それが空間のアクセントにもなります。

ダウンライトならあえて暗いところを作りだすことも可能です。そこに間接照明やフロアライトを入れることで、上質な空間を演出することができます。

また、何を見せたいかによって照明の配置も変わってきます。

たとえば、以前施工事例としてご紹介した「クルマと一体になった家」では、愛車がカッコよく見えるような照明の配置をご提案しました。玄関のセンサーライトと連動してお車がライトアップされる演出です。

ちなみに、こちらのフロアは天井が黒いので反射が少ないため、照明も多めに取り付けています。さらに、クロスや床材も愛車が映えるように考慮してチョイスしました。

照明で空間がワンランクもツーランクも上質なものに生まれ変わります。ぜひ、家づくりの際には照明にこだわってみましょう。ウッドアートスタジオなら、お客さまのイメージにぴったりの照明計画を立ててご提案します。