春の訪れ

少し前から、部屋に切り花を飾るようになりました。

昔から観葉植物などには興味があったものの、なかなか上手に育てられず断念してしまっていたのですが、切り花ならいいかと思い、まず手始めにお得コーナーのものを2種類ぐらい組み合わせて挑戦してみました。

娘時代は、母が大人のたしなみにと、お茶やお花を習わせてくれたので、生け花は何年か通ったのですが、なぜ好きなように生けてはいけないのかどこか理解できず、先生に直してもらっても、結局家で生け直す時にはオリジナルで生けてしまうというなんとも素直じゃない生徒でした。

その時に一通り花器も揃えたのですが、剣山にさすよりは好みの花瓶に配色を考えていける方が好みで、いくつか花瓶を集めていたので、お花を見ながらあの花瓶に挿したらかわいいかな。など想像しながらお花を選んでいるととても時間がかかってしまいました。

少しでも長く楽しめるように蕾の多いものを選んだりして、部屋と玄関に置いておきました。

すると2、3日のうちに次々と花が開き始めて、その印象がどんどん変わっていきました。

改めて植物の生命力を実感します。

水と日光だけで、切られているのに花を咲かす。

生きている。

それだけで見ているこっちを癒してくれるなんて。

健気なような素直なようななんだか不思議な感情になりました。

そうなると、次はどんな色の組み合わせにしようか。

あの花瓶は口が小さくて思ったようにさせなかったから茎の細い用がいいな。

この花はこんな花瓶ならかわいいかも。

と色々想像するのが楽しくなってきます。

自分では上手く育てられないけれど、誰かが上手に育ててくれたお花が我が家のほんの小さな空間を豊かにしてくれて大満足です。

素敵にガーデニングとかされているお宅は見ているだけで華やかに見えますがお手入れは本当に大変だろうな。それでもきっと楽しいだろうな。と思いながら、私には切り花が精一杯だと思い知らされます。

春本番になってたくさんの植物たちが芽吹く季節に突入すると、あちこちで自然の生命力を感じられるので今からとても楽しみです。

oh.biichan

くらしマルシェ

先日行われた「くらしマルシェ」のお手伝いをさせていただきました。

2日とも幸いお天気にも恵まれてほっとしました。

私は2日目に参加させていただいたのですが、たくさんの方々に来ていただきました。

出店して下さったお店がまたおしゃれなところばかりで、それを目当てに朝早くから並ばれたお客様もいらっしゃったようでした。

なかなかこの辺りでは購入できないと思うと、ついついあれもこれも買っておこうと思う心理は私もよくわかります。

今回のお手伝いは、娘の高校時代からのお友達と一緒にする事ができました。

みんな本当に可愛くてしっかりした娘さん達です。

娘は、同じ出身中学の同級生が1人もいない高校に進学しました。

2校受験で、第一志望に落ちて、第二希望の高校というのもあったりして、

本当に1人で大丈夫かなと、内心とても心配していました。

それでも慌ただしく制服を合わせたり新しい生活の準備をしていくうちに少し希望が出て来たようで、入学式に同じクラスの名簿の前だったお友達が声をかけてくれて、友達できたよ。と、とても嬉しそうに報告してくれた日の事は今でも鮮明に覚えています。

それからのお付き合いで、いまだに数人のお友達が仲良くしてくれています。

ありがたい事です。

やはり家族には見せない自分でいられるのは友達の前という事もあります。

友達から影響や刺激を受けたりする事で、転機になったりする事も多いと思います。

学生時代には色々とあった娘ですが、今こうして本当に素敵なお友達に恵まれていることに改めてありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

こういうイベントなど、立案、企画、実行まで想定外の事があったりトラブルがあったり本当に大変だと思います。みんなの協力なしではできないと見ていて実感しました。

それでも楽しそうにペイントしたり、タイル張りしたり、ただ断熱材の中で転がって思いっきり笑っている子供たちを見ると、喜んでもらえてよかったな。と、何もしてない私でもそう思います。

お友達も楽しかったと言ってくれました。

まだまだこれからの娘達は色々な事があるはずです。

それでもお互いに助けたり、何かあったら全力で助けたいという存在でいて欲しいと思います。

たくさんの人たちのエネルギーでパワーをもらった楽しい経験ができました。

oh.biichan.


立春

 立春も過ぎたというのに、寒い日が続いています。

昔は登校時に霜柱がおりていたり、学校の池に氷が張ったり、もっと寒い日も頻繁にあった気もするのですが、温暖化に慣れてしまっているようです。

節分あけに、雛人形を出しました。

一年のうち、1ヶ月間。

少しでも楽しめるように、今年も4日に出しました。

我が家の雛人形は、私たちの代から受け継いでいるものなので、50年もの。収納もコンパクトで、小物などをしまっておく箱もオリジナルのものはとっくになくなってしまっているので、適当なものにしまってなるべく出し入れしやすいようにしてあります。

人形もだいぶ痛んできているし、付属品も欠けていたりしてしまっていますが、それも味だと思って、楽しんでいます。

そもそも簡素なものなので、1人でも出せるのですが、これまでは子供たちと一緒に出したりしていました。

今年はマイペース主人がたまたま家にいて、「おっ。おひなさん出す?」と言ってきたので、手伝ってもらう流れになりました。

ところがいざやってもらうと、ネジを締めるだけの作業でも8組ある中で1つだけ短いものを使い、「これ短かすぎて全然届かないよ。」と…。

ここを締めるんだから、長いやつ使うでしょ。と。これが本当に頻繁におき、こりゃ1人でやった方が断然はかどるなぁ。と、内心思いながら、何とかひな壇が組み上がりました。

あとは写真の通りにお人形を並べて、小物を持たせてね。

と、彼に任せたのですが、途中で様子を見てびっくり。

何と三人官女が弓矢を背負っているのです。

1人は背中に弓の束を差し、もう1人はひしゃくの代わりに弓を一本持っています。

ちょっと!これはないんじゃない?

と言うと、持つものは適当でいいって言ったじゃん。

適当って弓矢は…。

こんなに関心ないものか?

そう言えば、我が家は広い和室もないので、居間に入ればすぐに目に入る場所に雛人形を飾るのですが、何年か前は出して4、5日後に雛人形が出ている事に気付いたりした事もありました。

「人形出したんだ。」

えっ?今⁇

これ、そんなにスルーできる?って言うぐらいの存在感はあるはずなのに、気がないってこんなもんかなぁと思ったものです。

まあ、彼は筋金入りのマイペース。

こういう人も稀にいる。

ということを私も30年近くかかりましたが、少しずつ受け入れられるようになってきました。

何度かダメ出しをして、例年より時間はかかったものの、何とか今年も無事お雛様を出すことができました。

最終的にはなぜか満足気に写メを撮っていました。

弓矢なんか持たされて落ち着かなかったね。

今年も子供たちの健康と安全を見守ってね。

来月まで楽しませてもらいます。

oh.biichan.

開運カレンダーの行方

2019年が始まりました。

年々と、年末感を感じる事がなくなってきたように思うのは、歳をとった証なのでしょうか。

実家が仕事をしていた頃は、初詣は毎年商売繁盛のご利益のある神社へ詣でていたのですが、仕事も辞めて、実家の両親も高齢になってきた近年は、以前のように出かける事はなくなってきました。

子供たちもそれぞれの都合で行ったりするようにもなってきたので、家の近くの氏神様にお参りするぐらいです。

平成最後の今年も、みんなそれぞれで、過ごしました。

主人は、地元のお友達と一畑山薬師寺へ行ったようでした。

それはかなり以前から薄々気づいてはいた事なのですが、彼は本当に独特のセンスの持ち主で、「えっ?」と思うようなセレクトをする事も度々です。

自分を信じている彼は、私の的確なアドバイスも全く参考にせず、ただひたすらゴーイングマイウェイです。

もうとっくに周りも学習し、また変わった格好してるよね。ぐらいの免疫はついています。

ところが、今回、初詣の際にお守りとパワーストーンを買ったところおまけでもらったと言うカレンダーを、玄関の正面に貼っていたのです。

外に出ようと思って振り向いて、思わずのけぞりました。

ここにこれ貼る?

ちょっとこれ貼るって…。

100歩譲って貼るの選択をしたとしても、ここ?

さあ、これはどうやって対処しようか。

私がストレートに言っても、きっと、なんで?

開運カレンダーだよ?と、聞く耳持たないに決まっています。

そうなるとまた面倒な展開になりそうなので、これは何とか彼を納得させて撤去。最悪移動させなければ。

私だと、つい角の立つ言い方をしてしまうので、ここは娘の出番。

娘も開運カレンダーの迫力が想像以上だったようで、早々に寝室の主人の枕元に移動し、事後報告。あれ、開運カレンダーって、御守り買ったらタダでくれたんだよ。とボヤいた程度で終了。チョロいね。と娘。

といった具合でした。

父親というのは、ここまで単純にできているものなのか。娘に嫌われる事が何より恐怖なのか。特に子供たちに甘いとは思わないのですが、唯一素直に受け入れられるのはDNAの仕業なのかも知れないなぁと思いました。

こうして、我が家のカレンダー事件は何とか終結したのですが、この娘作戦がいつまで通用するのか。

主人も、娘にとっての我が家がここではなくなる日も遠くないのでは、と考えてついつい言いなりになっているのかも知れません。

次の事態に備えて、開運カレンダーとかは一旦もらってありがたくお返しすると、更に開運パワーが増すらしいよ。とでも今から言っておこうかと思っています。

oh.biichan


Processed with MOLDIV

夢の中

2018年最後のイベント。

大阪の追加公演のチケットが取れた!

と、友達から連絡があり、大阪なら日帰りで行けるし、せっかくチケットが取れたのなら是非観光からめて行こうではないか。

という事になり、アイドルコンサートへ行って来ました。

4時開演だったのですが、大阪行くんだから美味しいお好み焼きとか食べたいね。と、朝から新幹線で向かいました。

昼前に大阪に着き、まずはあべのハルカスへ。

スカイツリーとは違って、程よい高さで見晴らしも良く、そんなに混雑はしていなかったので、大阪城や通天閣。海遊館やUSJ、本日の会場の京セラドームもすぐ近くに見えました。

下に降りると、上からは見えなかった人があふれていました。

本当に活気ある街大阪です。

ここにいるたくさんの人達がみんなコンサートに行くんじゃないかと思うほどでした。

流れに乗って電車を降りると、併設のスーパーマーケットはトイレにまで警備員が出るほどのすごい人。

コンサートが始まる前に軽食とトイレを済ませておこうという考えはみんな同じなようです。

開場すると、あっという間に席が埋まっていきました。

ワクワクオーラ全開のまま夢のような楽しい時間でした。

小さい子供からお父さんや杖をついたおばあさんまで、アイドルパワーは本当にすごい!と私達も大満足でした。

それにしてもこの人たちのパフォーマンスを観るために集まった人たち。

隣接のスーパーマーケットに警備員を出動させ、電車を満員にし、駅のお土産屋さんからお弁当屋さんまでも人で溢れさせる。その経済効果はいったいどれぐらいになるのだろう。

それだけの魅力があるのだろうし、それを観て私のように活力をもらえる人達がいる。

こんな現実を知れば、彼らのプレッシャーもすごいんだろうな。と思ってしまいますが、また観たい。

改めて人のパワーと経済サイクルの基本のようなものを見た気もしました。

誰かの行動がこうやってたくさんの人を動員し経済を動かす。

その一環となっている自分。

もみくちゃになりながらなんとかお土産を買い、かろうじて買えた冷えたおにぎりを新幹線で食べながら考えてしまいました。

2018年最後のイベントを飾る華やかな気持ちになれました。

これで3ヶ月ぐらいは、ワクワク持続出来そうです。

oh.biichan

スタッフ紹介・代表取締役菊地貞次の想い(2)|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

前回に引き続き、私の家づくりの考え方をお伝えしたいと思います。

〈木や自然素材の家にこだわる理由〉

私たちの家づくりには、以下のようにゆずれない素材があります。

主要構造躯体:無垢(ヒノキ)の柱

断熱材:セルロースファイバー・羊毛ウール・パーフェクトバリア

床材:無垢の床材

内装仕上げ材:紙製で通気性がある環境クロス・漆喰などの塗り壁

現在の住宅では、人工的・化学的に作られた建築材料を用いることが多いのですが、そのために、住宅の耐久性の低下のほか、住む人のシックハウスによる肉体的、精神的なダメージも問題視されています。

私たちが健康的かつ快適に暮らしていくためには、できるだけ自然の力を利用する「パッシブデザイン」の発想が重要です。

季節ごとの太陽の光や風の通りを考えた設計。
耐久性や耐震性を確保するため、主要構造材には無垢材を使用すること。健康的・快適な住空間をつくるため、内装は湿気をコントロールできる素材を選ぶ…などが重要事項となります。そのため私たちは、できるだけ自然の素材を使用することにこだわりを持っています。

ですが現在の環境は、温暖化に伴う気象変化や気温の上昇、機械化による生活スタイルの変化など、自然の力だけでは対応しきれないことがあるのも事実だと思います。そこで、それらを補うために、現在のテクノロジーを利用していくことは必要だと考えています。

ウッド・アート・スタジオで自然素材の家を建てられたお客さまに、「住んでみると、空気感が違う」と言っていただくことがあります。

素材にこだわり、「パッシプデザイン」の考え方を取り入れている私たちにとっては、とてもうれしく、そして納得のお言葉なのです。

夏は、「暑い岡崎エリアでもエアコンをつける回数が減りました」と喜ばれ、冬は「底冷えや足元の寒さを感じません」と気に入っていただける家。

それが、私たちウッド・アート・スタジオがつくる家です。

スタッフ紹介・代表取締役菊地貞次の想い(1)|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

今回は、私の家づくりの考え方をお伝えしたいと思います。

 

 

〈コンセプトである、〜木・百年の想い〜について〉

これからの家づくりに求められているのは「丈夫で永く住める家」です。ほとんどの人にとって、家づくりは一生に一度のものです。

 

欧米などの先進国では、住宅の寿命は65年以上、100年以上という場合も珍しくありません。それに比べ現在の日本の住宅は、建築後約20〜30年というわずかな年数で次々に解体され、建て替えを余儀なくされたり、大規模な修繕が行われたりしている現状があります。この耐久性の低さは、山をはじめとして自然環境にも大きな影響を与えています。

 

木は、苗木を植えてから建材として使えるまで、約50年かけて成長します。今の日本の短命な住宅状況では、山が壊れるだけでなく、解体による産業廃棄物の増加による環境破壊も大きな問題です。

 

京都の町屋や、歴史的建築物を見てもわかるように、古くから日本では、木を大切に使用してきました。それは、独特の四季による気候の変化や、湿気、自然災害(地震・台風など)や白アリなどから家を守るための、先人の知恵が活かされています。木材を吟味して使用してきたからこそ、風土に適した建築物が今なお存在し続けているのです。

 

木が私たちに与えてくれるものは無限です。その大切な木を育ててくれる自然環境・自然のサイクルを守るため、〜木・百年の想い〜をテーマに、“丈夫で永く住める家”をつくること。
親から子へ、そして孫へと受け継がれていく住まいをつくり続けることが、ウッド・アート・スタジオの使命であり、抱いている想いです。

 

現場見学

こんにちは!

営業の鈴木です。

 

今週は、現在建築中の現場に行ってきました。

写真で見ますと、木の構造がはっきり分かりますね。

この一本一本すべてが無垢材になります。

よく見ると、それぞれにWoodArtStudioの刻印がありますね。

完成して内壁が貼られたら見えなくなってしまうのが惜しいです。

 

どの現場に行っても思うのですが、

現場がきれいに片付いていますね!

ふつう木を切ったり削ったりすると木片やかすがそこら中に散らばりますが・・・

大工さんのプロ意識が垣間見れます。

 

実はこういった現場、お客様にもお見せしています!

当社に興味があるお客様には実際の現場も見て、

よく構造をお勉強されている方もいます。

そういった熱意のあるお客様に応えられるよう、

われわれも頑張っております!

もし、ブログを見て現場を見てみたい!という方がおられましたら、

気軽にお問い合わせください。

豊田市Ⅰ様邸 電気配線工事

こんにちは森小です

豊田市のI様邸は先日お施主様との電気配線立会いを行いました

上棟が済んでしばらくすると、電気屋さんが天井裏や壁の中のに入ってしまう部分の配線工事を行います

そして今まで図面上でスイッチやコンセントなどの位置決めをしてきたものを実際の現場で

高さや場所の確認を行うというのがこの電気配線立会いです

I様邸は屋根上に太陽光パネルが載ったり、TVはアンテナを立てるため確認事項もたくさんありました

午後から始まり帰るころには外は真っ暗でしたがI様にもご協力頂き入念な確認を終えました

 

その立会いで変更や追加が出たところについては図面の修正が加わり、改めて電気屋さんが工事に入ります

電気配線や水道の配管も終わり最終確認です

 

I様邸は2階リビングで、床暖を採用されているため配線配管がいっぱい這っています

天井裏の工事が完了したのでここからは大工さんの天井下地工事となります

 

施工事例「キッチンまで土間続きの家」後編|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

玄関からキッチンまで土間続きという西尾市Oさま邸について、2回に渡ってご紹介しています。

 

 

土間で囲んだリビングの上には、吹き抜けが広がります。
二階の仕切りは格子にして、ご夫婦とお子さま、ご家族がどこにいてもコミュニケーションが取りやすいつくりです。

 

 

家族団らんの時間には、一枚板のダイニングテーブルを囲んで。

 

 

オーダーのアイランドキッチンは、内側を赤色にして個性的に仕上げました。グラスを飾る食器棚も素材を揃えた特注品で、自然素材が多いインテリアの中で、素敵なアクセントになっています。

 

キッチンから続く土間は、庭の畑へのアクセスが抜群です。採れたての新鮮な野菜を使って、奥さまお手製のぬか漬け作りを思う存分楽しめます。

 

 

また、土間にある薪ストーブは、ポトフなどを作る時にもぴったり。
直火ではないので、素材を焦がさずに、じんわりと美味しく火を通すことができます。

 

 

一方、車や自転車がご趣味のご主人のために、外にはガレージを併設
木毛セメント板で仕上げた、温かみのあるガレージです。室内からも愛車を眺めることができるよう、大きな窓を付けたこともポイントです。

 

 

ご自分たちにとって快適なライフスタイルを追求した、ご家族みんなが大満足の住まいが完成しました。