耐震等級の基礎知識~大切な命を守るために~

家づくり
家づくり

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

もうすぐ防災の日ですね。日本ではいつ・どこで地震が起こるかわかりません。家づくりの段階で対策を考えておくことが大切です。

家が地震に強いかどうかは建物の耐震強度を示す「耐震等級」という指標でわかります。住宅の性能表示制度を定める「品確法」という法律で定められていて、3つのランクに分かれています。

耐震等級1は建築基準法で定められた最低限の耐震性能が備わっている建物が分類され、数百年に一度起こるレベルの大地震(震度6強~7程度)に耐えられるような構造になっています。耐震等級2は1の建物の1.25倍以上、耐震等級3は最高ランクで1.5倍以上の耐震強度が求められます。災害時に救助活動などの要となる消防署や警察署は耐震等級3で建てられています。ウッドアートスタジオの家も耐震等級3で設計しています。

ただし、耐震等級が高いから絶対に安心というわけではありません。あくまで建物が地震に強い構造になっているということであって、実際に倒壊しないという保証はありません。

そもそも、耐震の目的は「避難するまでの時間稼ぎをする」ことと「これから生活していくための家財を守る」という2点です。本震で倒壊するのを防いで、余震が来る前に家財を持って逃げられるようにするというのが正しい考え方です。命を守るのであれば、やはり避難経路の確認や避難訓練といった備えが必須です。

地震に備えるなら、まずは「どうやって避難するか」「どこに避難するか」を考え、事前にシミュレーションしておきましょう。そのうえで地震に強い住まいで暮らすことで、助かる可能性が高まります。

タイトルとURLをコピーしました