家を長持ちさせる秘訣は外壁にあり

家づくり
家づくり

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

せっかく建てたお家を長持ちさせるために、必ず行っていただきたいのが外壁のメンテナンスです。外壁は雨から建物を守る役割があり、少しの破損でも雨漏りや躯体の腐食など、致命的なダメージを及ぼしかねません。定期的に点検を受け、劣化している箇所があれば早めに補修することが大切です。

特に着目したいのが外壁材の隙間を埋めるコーキング。いくら外壁材が丈夫でも、コーキングがひび割れていたり欠けていたりすると、そこから水が建物内に侵入してしまいます。シリコン製のものだと耐用年数は10~12年ほどなので、お家を建てて10年くらい経過したら一度点検し、外壁塗装やコーキングの補修などを行いましょう。

ガルバニウムなどの板金の外壁ならコーキングがないので、外壁材の耐用年数に合わせてメンテナンスを行えば問題ありません。ガルバリウムの場合は20年程度です。

一番長持ちするのは漆喰の塗り壁で、耐用年数は100年と言われています。基本的にメンテナンスフリーですが、地震などがあってひび割れてしまうと補修が必要です。また、漆喰の表面に塗装をすると定期的に再塗装が必要となってしまいますので、なるべく上塗りはしないほうがいいかもしれません。

外壁材によって耐用年数の違いはありますが、10年に一度くらいは外壁の点検を行うと安心です。また、外壁を触って白い粉が指に付着するようであれば、塗膜が剥がれている可能性があるので要注意。そのような症状が現れたら、詳しく点検されることをおすすめします。

適切な点検とメンテナンスで、大切なお家を守りましょう。
 
 

タイトルとURLをコピーしました