軒がある家の魅力とは?

家づくり

こんにちは、ウッドアートスタジオです。
 

最近は軒がない、キューブ型の家が流行っていますが、あえて今回は軒がある家の魅力を考えてみましょう。
 

 
そもそも軒は太陽光や雨を遮る働きがあります。外壁を紫外線や雨水から守り、劣化を防ぐことができます。外壁に木材を使っていると濡れて変色してしまいますが、軒があれば変色もしにくいです。室内のフローリングや壁の劣化も抑えることができます。
 

また、影ができるので夏は涼しくなります。特に高性能住宅は断熱性が高いがゆえに室内に熱気がこもりやすいので、軒を出すよう設計することが多いです。
 

もちろん雨を防ぐことができるので、出かけるときに濡れずに傘がさせるし、軒の下に洗濯物を干しておけば突然の雨でも安心です。
 

 
デザイン面でもメリットがあります。天井続きで軒があることで、外と内とのつながりができ、広さを感じることができます。リビング、軒下、庭に一体感が生まれ、一つの大きな空間のように演出できます。
 

ウッドアートスタジオでは太陽光の当たり方なども考慮して、夏は涼しく・冬は暖かくなるよう長さを計算し、外と内のつながりが感じられるような見せ方、素材の使い方を熟考して軒を設計します。
 

タイトルとURLをコピーしました