IHとガスコンロそれぞれのメリットとデメリット

家づくり

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

キッチンを選ばれる際に皆さまが悩まれるのがIHにするかガスコンロにするかということ。それぞれメリットとデメリットがありますので、ご自身に合ったものを選ぶことが重要です。

従来のガスコンロは炎が鍋やフライパン全体を覆うので、まんべんなく熱が通りやすいのがメリットです。炙りものなどもできます。ただし、上昇気流が発生しやすいので臭いや煙が拡散される、油が飛び散りやすいというデメリットがあります。凹凸もあるので掃除も大変です。

IHは熱が伝わるのが早いことと、油が飛び散らないこと、フラットなので掃除がしやすいことがメリットです。一方で、熱が伝わる部分が下の方に偏りやすいのがデメリットです。

安全面についてはそれぞれ気をつけるべきことが異なります。やはりガスコンロはガス漏れに注意が必要です。地震のときなどは安全装置が作動しますが、それでも使わないときはしっかり元栓を閉めたほうが安全です。

IHは炎が出ないので火事になりにくいというイメージもあるかもしれませんが、油の温度が上がりすぎると出火するリスクは十分あります。また、IHは見ただけでは作動しているかどうかわかりません。不用意に触るとやけどをする危険性がありますので、特にお子さまがいらっしゃるご家庭はお気をつけください。

実際に設備メーカーのショールームなどで体験して違いを比較してみるのが一番です。それぞれのメリット・デメリットを知って、使い勝手も確かめてみながら、ご自身に合ったものを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました