建て替えとリフォームではどちらがいい?

家づくり
家づくり

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

すでにご自宅を所有されている方、ご実家がある方は、住まいを新しくしたいと思ったときに建て替えかリフォームで迷われるかと思います。

今住まわれているお家やご実家に愛着があるのであればリフォームでもいいかもしれませんが、これから長く住まわれるのであれば建て替えも検討されたほうがいいかもしれません。

リフォームよりも新築のほうが有利なのは耐震性です。やはり古い家よりも新しい家のほうが地震に強い傾向があります。特に1981年の建築基準法改正以前は耐震基準が今よりも緩かったので、旧基準で建てられている場合は建て替えをおすすめします。

耐震に関してもリフォームできないことはありませんが、非常に高いコストがかかってしまうため、よほどのこだわりがなければ建て替えのほうが無難です。

ちなみに、80年以上前に建てられた家のほうがかえって耐震性が高かったりすることもあります。当時は大工の技量によって品質が左右され、今でも残っているような古民家は優秀な大工が手掛けて、つくりがしっかりしていることが多いです。リフォームに関しても戦後に建てられた家よりもしやすかったりします。

地震のことも考え、長く安心して住み続けたいなら、建て替えも検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました