ウッドアートスタジオの施工事例【ソープフィニッシュで仕上げた2階リビングの家・後編】

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

前回に引き続きIさまのお家をご紹介します。今回はこだわりの2階部分を見ていきましょう。


1階のエントランスから階段を登ると、眺めが良く明るくて開放感のあるLDKが広がっています。


1階からつながるアクセントウォールは「ソープフィニッシュ」。通常の木材はオイルで仕上げますが、こちらはその名の通り石鹸で仕上げを行っています。薄くて白っぽい色合いが特徴です。


部屋の雰囲気を明るくしたい方におすすめ。北欧風の雰囲気を演出するのにぴったりです。


洗面脱衣所もソープフィニッシュでまとめました。棚の天板には汚れに強い通常のオイルフィニッシュを使うなど、適材適所を意識しています。


キッチンも背面収納を含めて完全造作です。ステンの天板にソープフィニッシュの腰壁で、空間に統一感が生まれます。ちなみに、側面に天板の巻き込みがなく、上までソープフィニッシュの腰壁になっているのもこだわりポイント。


広々としたリビング。裏手側には仕事やちょっとした作業ができる書斎スペースも設けました。在宅ワークも捗りそうです。


ウッドデッキは一番眺めが良い場所を計算して位置を決めました。外とのつながりがあり、室内空間が視覚的に広く感じられます。


洗濯竿も完備で実用的。でも、洗濯のときだけでなく、ついつい外に出て深呼吸をしたり、景色を楽しんだりしたくなる。そんな空間です。


パブリックとプライベートな空間が分かれ、明るくてやさしい雰囲気の一軒となりました。

今回ご協力いただきましたIさま、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。