外構と庭の違いとは?誰に頼むべき?

こんにちは。ウッドアートスタジオです。
 

外構と庭。「家の外にあるもの」という意味では同じですが、両者には微妙な違いがあります。
 

明確な定義はありませんが、外構は駐車スペースやカーポート、玄関アプローチや塀、ポストなど、外まわりの構造物を指すことが多いです。庭は花木や芝を植えるなどして見た目を楽しむ空間を指します。
 

家づくりでは外構業者あるいは造園業者に家の外まわりを整えてもらうことになります。見た目や使い勝手にこだわるなら、それぞれの専門家に依頼するのがおすすめです。
 

 
駐車場の整備やカーポートの設置をしたい、または塀や玄関アプローチ、ポストなどにこだわりたいなら、外構業者にお願いすることで、使いやすいかつ見栄えが良くなるような提案をしてくれます。
 

 
お庭にこだわるなら、造園業者に依頼しましょう。針葉樹と広葉樹など樹種の使い分けや3年後、5年後でも美しく見えるよう考えてデザインしてくれます。
 

 
ウッドアートスタジオの事務所でも駐車場は外構業者さん、庭は造園業者さんにお願いしています。それぞれ得意分野を発揮して、建物の外観にマッチした作品を造ってくれました。

 
きれいな外構や庭があれば、毎日がより楽しく、豊かになります。そのためにも、どこに頼むのか?しっかりと考えてみましょう。