毎日使う脱衣室がより豊かに

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

毎日使う洗面脱衣室。朝の準備や夜寝る前、トイレに行った後、お風呂に入る前後など、意外と使う頻度が高い場所。ここを自分らしく、空間をおしゃれに魅せることができたら、毎日の暮らしがより豊かに、楽しくなるでしょう。

自分がお風呂に入っているときに家族でも来られると身構えてしまう、来客が手を洗いに来たときに洗面所を見られるのがイヤといった理由で、最近では洗面室と脱衣室を分けて設けられる方も増えてきました。

また、洗面台はおしゃれなものであれば敢えて隠す必要はありません。階段下に洗面所を設けるといったアイディアもあります。

ウッドアートスタジオでは洗面脱衣所も造作でつくることが可能です。ただし、性能面においては既製品にまさるものはありません。天板も木でつくるとなるとシミになりやすいです。それも味と捉えられるなら、あるいは見た目や周囲のインテイリアの調和のためと考えて、どうしても叶えたいこだわりがあれば、造作という選択肢もあります。

まずは洗面脱衣所をどう使いたいか?(化粧をしたい、夫婦ふたりが同時に使いたい、見た目にこだわりたいなど)をヒアリングさせていただき、お家のテイストに合わせて既製品がいいのか?造作がいいのか?設計士が判断してご提案します。