快適に、豊かに暮らすための窓設計の考え方




こんにちは。ウッドアートスタジオです。

窓は室内環境や景色の眺め、住宅の見た目などを左右するとても重要な要素です。

窓に対する考え方は住宅会社によって大きく異なります。一概には言えないのですが、大手のハウスメーカーはなるべく窓を小さく設計する、私たちも含めて工務店は窓を大きく設計する傾向があります。あくまで傾向です。

ハウスメーカーは高気密高断熱の家づくりが得意。なるべく外の熱をシャットアウトし、室内の熱を逃さないようにして快適な空間を生み出すという考え方。だから、熱が逃げる原因になる窓を小さくするケースが多いのです。

一方、ウッドアートスタジオは太陽光や風の力を活用する「パッシブ」という考え方に基づいて設計しています。なるべく窓を大きくして夏は風通りを良くし、冬は日光をたっぷりと取り入れる。そして、室内からの眺めも楽しんでいただきたい、自然を感じていただきたいという設計思想があるから、大きめの窓を採用しているのです。

あと、ハウスメーカーは夏も冬も同じ気温が保てる家づくりを目指す傾向がありますが、私たちはあえて少し気温差を感じていただけるような家づくりを大切にしています。

夏も冬も気温差がないというのは人間にとっては不自然なことです。気温差があったほうが、かえって健康にも良いと言われています。ムリに環境を変えるのではなく、自然にまかせて、そのなかで快適に過ごせることが大切なのではないかなと考えています。

窓についてはまだまだお伝えしたいことがありますので、また機会がありましたらお話したいと思います。