仕切るor 2部屋にする?子ども部屋の考え方

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

長い目で見て考えておいたいほうがいいのが子ども部屋の間取り。将来を見据えて家づくりの段階でしっかりと計画を立てておきましょう。

最近では大きなひとつの部屋を設けて、子どもが将来成長したときに仕切れるようにした間取りが人気ですが、実は必ずしもこのスタイルが正解だとは考えていません。

確かに小さい頃は兄弟姉妹で仲良く過ごし、思春期になったら仕切るというのは合理的に思えます。ただ、お子さまが独立された後にどう使うかが問題です。

歳をとったときに大きな部屋を持て余すということもよくあります。部屋が1つしかないと、できることも限られます。そもそも、子ども部屋を仕切って、独立したら仕切りを撤去してという作業を行うのも手間です。

であれば、最初から分けておいて、お子さまが独立された後は一部屋を収納スペースにして、もう一部屋は趣味の部屋にするというほうが良いケースもあります。クローゼットつきの4畳半くらいの部屋をにすれば、勉強机とベッドを置くことができて、お子さまが独立された後も十分趣味の部屋や収納スペースとして使えます。

大きな部屋を一つ設けるのか?2部屋にするのか?どちらが良いかはご家庭の状況やライフスタイルによって異なります。ぜひ、「子どもが巣立ったその後」を頭に入れて、子ども部屋を考えてみましょう。