憧れの「天窓」の魅力

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

今回は屋根に窓をつける天窓のメリット・デメリットについて考えてみました。

天窓のメリットはなんといっても明るい室内空間にできること。昼間は太陽の光がしっかり入り込んで部屋が明るくなります。特に冬はポカポカ暖かくて快適です。

しっかりと光合成ができるので、室内でグリーンやお花を育てたいという方にもおすすめです。

ただ、あまりにも大きな天窓をつけてしまうと明るいを通り越して眩しいと感じてしまうことも。ですから、適度な大きさにされるのがおすすめです。電動のロールスクリーンを設置することもできます。

また、夏場は直射日光が射し込んで室内の気温が上がってしまいます。そこで、天井を三角にして天窓から空気を排出できるようにして、天井に昇った熱を外に出すという工夫もできます。

2階にグレーチングを設けるのもおすすめです。直射日光を防ぎつつも明るさを確保できて、見た目もおしゃれです。

空間を明るくしてくれるというメリットがある天窓ですが、眩しいと感じるときもある、室内が暑くなってしまう、掃除ができないというデメリットがあります。どちらを優先するか考えて、天窓をつけるかどうか決めてみてください。