より上質な空間を演出するための照明計画

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

照明ひとつでもお部屋の雰囲気はガラリと変わります。シーリングライトも明るくて実用性があって良いのですが、もうちょっとこだわってみると、より上質で落ち着いた雰囲気を演出できます。


今のトレンドはダウンライト。光が当たらないところがないように、いくつものダウンライトを使って室内を照らします。

暗いところがあれば、フロアライトやペンダントライト、スポットライトなどを使って補います。特にキッチンやダイニングなどは手元が明るく見えるように、ペンダントライトをご提案することも多いです。おしゃれなものを選べば、それが空間のアクセントにもなります。

ダウンライトならあえて暗いところを作りだすことも可能です。そこに間接照明やフロアライトを入れることで、上質な空間を演出することができます。

また、何を見せたいかによって照明の配置も変わってきます。

たとえば、以前施工事例としてご紹介した「クルマと一体になった家」では、愛車がカッコよく見えるような照明の配置をご提案しました。玄関のセンサーライトと連動してお車がライトアップされる演出です。

ちなみに、こちらのフロアは天井が黒いので反射が少ないため、照明も多めに取り付けています。さらに、クロスや床材も愛車が映えるように考慮してチョイスしました。

照明で空間がワンランクもツーランクも上質なものに生まれ変わります。ぜひ、家づくりの際には照明にこだわってみましょう。ウッドアートスタジオなら、お客さまのイメージにぴったりの照明計画を立ててご提案します。