ウッドアートスタジオの施工事例【コンテンポラリーな完全スクエアの家・後編】

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

前回に引き続きIさまのお家を施工事例としてご紹介。今回は内装を見ていきましょう。

全体的にグレー系を基調とした落ち着いた雰囲気にまとめました。吹き抜けとFIX窓で明るく広い空間を実現。

テレビボードとその後ろの壁面も空間の広がりを演出するために、木を横方向に配置しました。

2階のバルコニーの軒天にご注目ください。通常だとこの部分は黒く塗装されるのですが、リビングから見上げるとどうしても閉塞感を与えてしまうので、白にしました。空間の見え方にこだわって、設計士が提案させていただきました。

キッチンの腰壁は造作で、ダイニングテーブルと一体になっています。見た目もスッキリしていて、料理も運びやすくなっています。

ご夫婦で料理をされる機会が多いIさま。二人が行き交えるようキッチンも広めにしました。キッチン裏の棚もすべて造作。ワインのボトルを収納するためのスペースも設けました。何度もお打ち合わせを重ねて作り上げてきたのが印象的です。

キッチンの照明はアイアンと裸電球の組み合わせでモダンな雰囲気が味わえます。

まるで家の中に大きな箱が入っているようなデザインの2階部分。セメントみたいな風合いでこちらも目を惹くポイント。天井に隙間が入っているので、光や空気も通りやすくなっていて快適です。

ちなみに、ウッドアートスタジオで全館空調を導入させていただいたのはIさまの家がはじめて。天井裏にエアコンがあるので見た目がスッキリ。床も冷たくなく、洗面所もウォークインクローゼットも温度が変わりません。これから家づくりをされるなら、ぜひ検討してみてください。

今回ご協力いただきましたIさま、本当にありがとうございました!デザインと使い勝手を細かいところまで造り込んだ、世界で一つだけの家が実現しました。建築家がこだわった家は普通の家とはひと味違う。そんな好例になったのではないかと思います。

家づくりをされるなら、ウッドアートスタジオでこだわりの1軒を造ってみませんか?