全館空調「Air断」を導入して得られるメリットとは?【コスト編】

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

先日の美浜町で開催された、断熱システム「Air断」のモデルハウス見学ツアーご参加ありがとうございました。「都合があって行けなかった」、「Air断を今知った」という方のために、Air断を導入して得られるメリットをご紹介します。今回は特にコスト面で見ていきましょう。

・建築のコストが下がる

Air断は外からの冷気や熱気を直接室内に伝えないように、家をすっぽりエアーカーテンで覆ってしまう新発想の断熱工法です。換気扇とそれを制御するマイコンが主な装置になります。Air断を導入すると、壁内結露にたいして従来とは別の方向からアプローチをするので、高価な断熱材を使う必要がなくなります。断熱性能があまり高くないと言われていた安価な断熱材で足りるので建築全体で低コストを実現できます。

・冷暖房費も抑えられる

Air断を導入すれば1台のエアコンで家じゅうの温度をコントロールすることができるようになります。それぞれの部屋にエアコンを設置するよりも、大幅に光熱費を削減することが可能です。また、Air断は地熱も利用します。夏は涼しく、冬は温かい、自然のちからを使うことで冷暖房費の削減につながります。

・結露がゼロになって長く安全に住めるようになる

住宅の寿命を縮める原因は結露です。壁の内部に湿気が溜まることでカビが発生したり、建材が腐食したり、シロアリが繁殖したりすることで、建物が弱くなってしまいます。Air断は外壁の通気層に空気を送ります。湿気や熱がこもらないので、結露が発生しにくく、家の寿命を伸ばすことができます。長く安心して住めるようになり、修繕費の削減にもつながります。

Air断にすれば、建築時のコストやランニングコストを抑えることも可能です。今回は金銭面のメリットをお伝えしましたが、他にもAir断はたくさんメリットがあります。次回は健康面でのメリットをご紹介します。