お互いが快適に暮らせる二世帯住宅をつくるポイント

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

二世帯住宅はより間取り設計をしっかり行う必要があります。親世帯と子世帯が同居するため、お互いが気を遣ったり、ストレスを溜め込んだりといったことにもなりかねないからです。そこで、今回は程よい距離感が保てる二世帯住宅を設計するためのポイントについて考えてみましょう。

二世帯住宅には親世帯と子世帯が同じ空間で生活をする「共同生活型」と、同じ家には住んでいるけど別々の居住空間で暮らす「完全分離型」の2種類があります。ウッドアートスタジオでは完全分離型を選択される方が多い傾向があります。

LDKも2つ、キッチンも2つ、お風呂も2つ、玄関も2つ設けるため、コストは高くなりますが、プライバシーが確保できて、お互いが気兼ねせず生活ができるというメリットがあります。同じ居住空間で暮らすのに抵抗がなければコストがかからない共同生活型もおすすめです。

完全分離型の場合は、居住空間を明確に分けておいたほうが後々ストレスなく過ごせます。二世帯住宅は玄関部分でお互いの居住空間がつながっていることが多いので、距離を取りたいのであれば、玄関を離すのも良いかと思います。

また、親世帯が1階、子世帯が2階を使うなど、階によって居住空間を分けるケースも多いです。こちらのほうがより居住空間を明確に分けることができます。

ウッドアートスタジオではまず二世帯いっしょにヒアリングをした後、それぞれの世帯に個別でヒアリングします。特に配偶者の両親の前ではなかなか気を遣って本音は言えないもの。親世帯と子世帯の意見をそれぞれお伺いした上で一つの家の設計に落とし込んでいきます。

お互い気を遣わず、のびのびと生活できる二世帯住宅をご提案させていただきます。ぜひウッドアートスタジオにご相談ください。