ウッドアートスタジオの施工事例【住みやすさを追求した日本住宅・前編】

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

今回はSさまのおすまいを施工事例としてご紹介します。

お父さまと同居されているSさま。今回は建替えのご依頼でした。落ち着きのある和風住宅を施工しました。

耐久性を考慮して外壁にはガルバリウムを使用。屋根は瓦で、幕板は天然木を採用しました。

こだわったのはひさし。夏の強烈な直射日光を遮って、かつ冬は自然光を取り入れるために、最適なひさしの長さや勾配を計算しました。見ただけではわかりませんが、こうした細かい計算が随所になされているのです。

和風住宅でありながらもウッドデッキを設置したのもユニークなポイント。全体の雰囲気を壊さず、明るい色目のものをチョイスしました。日本の古き良き縁側をイメージさせます。お茶を飲んだり、日向ぼっこをしたり、お庭の風景を眺めたり……何気ないけど豊かさを感じられる日々の暮らしがイメージできます。

玄関も和風住宅らしく引き戸を採用。こちらは濃い目の色のものを採用し重厚感を演出。来客を出迎える家の顔として存在感を表しています。

今回はここまで。次回は気になる内装をチェックします。ウッドアートスタジオならではの、さまざまな工夫が凝らされているのでお楽しみに。