ウッドアートスタジオで働く人~営業・広報・企画担当、西崎編~【前編】

こんにちは。ウッドアートスタジオです。

「ウッドアートスタジオで働く人」のコーナー。今回は営業、広報、企画と、幅広く活躍する西崎佳祐(にしざきけいすけ)です!


Q.なぜ建築の道に進もうと思ったの?

大学時代に一人暮らしをしたときに、部屋の模様替えをよくしていて、インテリアに興味を持ち始めました。美術大学だったのですが、建築の講義もあって、よく受けに行っていましたね。

Q.ウッドアートスタジオに入社したきっかけは?

前職では職人としてカーテンの施工を行っていたのですが、なかなか自分で施工するものを選んだり、家づくり全体に携わったりといった機会はありませんでした。

その中で、「自分で選びたい!」「家づくりに携わりたい!」という気持ちが芽生えたのです。大学時代から興味をもっていたインテリアコーディネーターになりたかったのですが、資格がないとできないということで、営業で転職先を探していたところ、ウッドアートスタジオに出会いました。営業という立場でも、お客さまと楽しみながら選ぶという仕事ができているので、やりたいことが実現しました。

美大出身ということで、そのときに学んだスキルや知識を活かして、自社の広告やWeb関連のお仕事も担当させていただいています。



Q:どんなところにやりがいを感じる?

家づくりというのは人生のなかでも大きなイベント。ご契約のとき、引き渡しのときなど、さまざまな場面で、「人生の節目に立ち会っている」という実感がもてるのがやりがいですね。家という大きい買い物を、お客さまといっしょに作りあげていけるのは光栄です。

今回はここまで。次回は西崎の仕事に対する熱い想いやこだわり、プライベートの過ごし方など、もう少し踏み込んだ質問をしてみます。ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

スタッフ紹介>>https://www.morinotakumi.com/woods/staff/