ウッドアートスタジオは断熱材にもこだわっています!

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

以前、快適な暮らしを実現するためには断熱材が重要だということをお話しました。一般的な住宅に使われているグラスウールやウレタン系の断熱材は水分を吸ってしまうと劣化し、建物の腐食にもつながります。天然素材を使えば、湿気を吸い込んだとしてもすぐに排出してくれるので、劣化する心配はありません。
詳しくは→こちらの記事をご覧ください。

ウッドアートスタジオでは「セルロース断熱材」「羊毛ウール」「パーフェクトバリア」という3種類の断熱材を扱っています。


セルロース断熱材は新聞古紙が原料。セルロースファイバーはさまざまな太さの繊維が絡み合ってできている素材。繊維と繊維の間に空気の層が形成されていて、さらに繊維1本1本にも微細な空気胞が存在しているので、熱や音を通しにくい性質があります。吸放湿性にも優れているので、湿気を溜め込みません。古新聞をリサイクルしているので、非常にエコです。

羊毛ウールは毛糸の原料になる羊毛をとうもろこし繊維でつないだ、100%天然由来の断熱材です。優れた撥水性と吸放湿性で、水に濡れてもすぐに乾き、形も崩れないから、断熱性能も長持ち。さらに燃えにくい性質があるので、万が一火事が起きても延焼のリスクが低いです。


パーフェクトバリアはポリエステル繊維を原料とした断熱材。接着剤を一切使用していないので、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質が発生する心配はありません。腐食や虫食害にも強いので、防止薬物も不使用。劣化しにくくてかつ健康に良い断熱材です。

いずれもウッドアートスタジオが素材選びからこだわりました。普段は私たちの目に見えない断熱材ですが、快適な住環境をご提供するためにここまでこだわっていることを知っていただければ嬉しいです。