吹き抜けリビングでも寒くならないポイントとは?

こんにちは、ウッドアートスタジオです。

今人気の吹き抜けリビング。でも「吹き抜けにすると寒くなるから」と躊躇されている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、結論から言うと寒い吹き抜けリビングは設計ミスなんです!

その原因はオープン階段がないこと。寒い空気は下に行き、暖かい空気は上に行く性質があります。オープン階段がないと空気の循環が悪くなり、冷たい空気が下に留まりやすくなって、その結果リビング全体が寒くなってしまうのです。


オープン階段があれば空気の循環が良くなります。シーリングファンで暖かい空気を下ろしてあげることで、リビングが暖かくなるんです。

ただし、あまりにも広いリビングだとエアコンをかけていても寒いということが起こり得ます。その場合は床暖房なども併用されることをおすすめします。


最近では吹き抜けリビングに薪ストーブを設置される方も多いです。薪を燃やすので、熱量も段違い。1台あればリビング全体をカバーできます。

吹き抜けリビングでも快適に過ごすためのポイントはオープン階段でシーリングファンの効率をアップさせること。これを頭に入れておいてください。

ちなみに、吹き抜けリビングにすることで、夏は快適性がアップします。先ほどもご説明したように、冷たい空気が下に降りて、熱い空気が上に昇るから。

家づくりの段階でしっかりと設計しておけば、吹き抜けリビングでも寒くなることはありません。やはり、天井が高くなって開放感が得られるので、広さが欲しい方には吹き抜けリビングはおすすめ。ぜひ、今回ご紹介したポイントをふまえて検討してみてくださいね。