ウッドアートスタジオなら、木の個性を100%活かした家づくりを実現します

こんにちは。ウッドアートスタジオです!

前回もお話したとおり、私たちは木を活かしたデザインを大切にしている工務店です。木材は樹種によって色や質感が異なりますので、「どう選ぶか?」「どう配置するか?」を決めるのは簡単ではありません。

ウッドアートスタジオはお客さまが求められている空間のテイストや質感に応じて、木の知識が豊富なスタッフが使う木材を厳選。素材の使い方や家具の選び方についてもご提案しています。

弊社のショールームを見ていただければ、そのこだわりがおわかりいただけるかと思います。

床材や天井を注目してみてください。色味が異なる木材がバランスよく配置されているのがわかるかと思います。現場で薄い色の木材、濃い色の木材、中間の木材の3種類に分類し、大工がバランスを考えながら配置しているんですよ!これもウッドアートスタジオのこだわりです。また、天井の板と外の軒天の板を同じものを使うことで、室内空間を広く魅せるというテクニックもあります。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、モニターが設置されている棚。これは手前がシナの木でできていて、奥がタモの木でできているんです。たとえばナラの木を床材に使っている場合、シナの木の家具は明るく見えます。パインの床材の場合は、逆に暗く見えるでしょう。このように、床と家具のマッチングについてもご提案しています。

このように、より木の良さを引き出すノウハウがウッドアートスタジオにはたくさんありますので、木の個性を活かした家づくりが可能なんです。

ぜひ、ショールームで私たちのこだわりを感じていただければなと思います。