意匠性と機能性

こんにちは、広報の西崎です。
今日関東のほうは台風で大変なようですね、みなさんお気をつけください。

さてはて、私はお客様とお話しするときに造作建具の意匠性と機能性についてお話しすることがよくあります。
おしゃれな見た目、家にあわせた形、いろんあメリットのある造作建具ですが、機能性という面ではアルミサッシや樹脂サッシには及ばないところがあります。

そのひとつに機密性というものがあります。工業製品であるサッシは工場で加工されますので、機密性はとても高いです。しかし造作のサッシはそこまで機密性が高いわけではありません。

ウッドアートスタジオのショールームでは、造作のサッシを使用しています。とくに片引き窓というカタチ自体が機密性が低いのですが、台風などが来ると風が入ってきます。

前回の台風後

ビュオーっとすごい風が吹いていると、こうしてゴミが入ってきたりもします。ショールームなので、毎日スタッフが掃除しますし、そこで住んでいるわけではないので不都合はないということで採用していますが、一般住宅ではそうはいきません。

造作建具がいいところ、既製品サッシがいいところ。適材適所で使うということが非常に大切だと、掃除機をかけながら再認識しました。