全館冷暖房は普通のACとどう違うのか

こんにちは、ウッドアートスタジオ営業企画部の西崎です。

近年注目を浴びている全館冷暖房や全館空調。
しかし採用しているお家が身近にないのが現実で、「なんか良いらしいけど、どう違うんだろうね?」というのが本音じゃないでしょうか。

今回は自社が採用している全館冷暖房のメリットについてお話します。

温度差を少なく

まず全館と言うだけあって、家全体を暖かく、涼しくするのがポイントです。全体というと廊下だったり、洗面所だったり、ルームエアコンが届かないような場所も冷暖房可能なのです。
これによって得られるのが、ムラの少ない温度環境です。
温度差というのはストレスになりやすく、さらにヒートショック現象を起こすと命にも関わる重要な要素です。より健康的な家を目指すのであれば、全館冷暖房システムは良い選択肢と言えます。

そして夏や冬、エアコンに頼らないといけない季節は、昼夜問わず常に運転をし続けます。昼と夜の温度差が小さくなり、暑くて寝れないとか、寒くて目が冷めたなんてことがなくなります。

電気代は?

つけたり切ったりすると電気をより使うという話はよく聞きますよね。冷やす温めることが一番電力を使い、一定の温度を維持するのには、それほどパワーを使いません。年間の電気代は家庭により違いますが、4台のエアコンをつけたり切ったりするよりも少し電気代が上がるだけで済みます。先日シミュレートしたお家では年間2000円くらいの差でした。太陽光システムがあるともっと違うかと思われます。
よく電気代がお得と言われますが、家の性能、ライフスタイルで変わるので、必ずシミュレーションをしましょう。

ポイントとしては、場所、時間での温度差が少なくできるということがメリットとなることを覚えていただけたら幸いです。