はじめて工務店に行くと、どんな話をするの?

こんにちは、ウッドアートスタジオ広報企画の西崎です。

今回から新シリーズとして、どこで建てるかを決める段階までの流れを一つずつ解説していきます。

なぜこのシリーズを書き始めたかというと、ほとんどの人は初めて家づくりをするわけですから、何をするのか不安なことばかりだと思います。このシリーズを読んで家づくりの流れをざっくりと掴み、不安なく家づくりそのものに集中できるようになっていただけたらと思っています。

それではまず第一回目の題材は

「はじめて工務店にいく」

です。

みなさんはネットだったり雑誌だったりで、どんなお家があるのかな。どんな会社が家を建ててるのかと調べていると思います。そうするとだいたい好みの会社が出てくると思います。ではその中から実際に話を聞く会社を決めたら、ショールームや事務所、はたまたハウスメーカーさんなら住宅総合展示場などに足を運ぶ必要が出てきますよね。

でもなかなかスッと足を運ぶことはできないと思います。特に私たちのような地域の工務店などは入りにくかったりするでしょう。

なぜ入りにくのか

よく聞く理由としては
いざ行こうとしても何を聞いたら良いのかもわからない
アンケートに答えると営業からのアクションや電話がすごくなるんじゃないか
どこまでが無料で、どこからが有料なのかわかりにくい
という内容です。

つまるところ、工務店に行って、どういう話を聞いて何をしてくれるのかということがわかれば、安心して足を運ぶことができるということです。
では、ウッドアートスタジオでの最初のステップをご紹介しましょう。

まずは、見学会よりも弊社事務所スタジオに来訪されるのが良いです。
なぜなら見学会会場よりも資料の揃っている事務所スタジオのほうが話もしやすく理解しやすいからです。
見学会場でももちろん大丈夫ですが、フルオーダー住宅はひとつひとつの家が大幅に違うため好みの家と好みから遠い家もあります、そのため最初は事務所スタジオをオススメします。どんな家に住みたいのか、お聞きした上で参考にしやすい見学会にご招待いたします。

ここから足を運んだとしてどんな話をしたらいいのか、わからないという人も多いと思います。これは営業スタッフが今現状をお聞きして、何をお話しするかを判断しますので、特に気負う必要はありません。
例えばバッグが欲しいとなった時に、お店に行けばスタッフの人が出てきて
トートバッグですか?ブリーフケースですか?
何に使うようですか?ビジネスなら派手すぎないものがいいですね。
というような感じでアドバイスをくれると思います。
それと全く同じです。
お客様が家を建てるために、どういうことが必要なのか。いちからお話しさせていただきます。

普通の買い物と変わりありません。しっかりスタッフがご案内します。

そして最初にさせていただく話の中で必ず出てくる内容が、「我が社がどういった家づくりをしているのか」です。これはどこの工務店、メーカーでも同じですが、まずどんな会社なのかを聞かなければ良い家づくりはできません。家というのは買って建てたら終わりではありません。住み続ける間ずっとメンテナンスが必要ですし、その度にスタッフとコミュニケーションを取り続けることになります。自分たちの暮らしとマッチした方針の会社で建てることが、失敗しない家づくりへの第一歩です。

ウッドアートスタジオの会社方針は「永く住み継がれる住まい」です。構造はもちろん、日々の家計に影響する省エネや、快適な暮らしへの間取り提案、飽きのこないデザインなど細部に渡ってご提案します。今回の記事はシリーズものなので、各項目については、またあらためて記事にしようと思いますが、この会社の方針を聞くにあたって重要なことがあります。上でも話しましたが、家は買った時がスタートなのです。ずっと住み続けるからこそ、自分たちが理解できる方針を持った会社を選んでください。

そうして話していると、建物のプランや見積りを見てみたい、または提案してもいいですか?という内容になります。
ここが無料かどうかは会社によって変わります。プランは無料なのか有料なのか、どこで建てるか判断するときはいつなのか、もし説明がなかった場合は明確に質問してください。家を契約するまでは、一度事務所に出向いて「じゃぁ貴方のところで建てるよ」とはなりませんよね。何度も打ち合わせをする必要があります。その間、いつお金がかかるのか、もし次の打合せで請求書がきたらどうしようなどと、あやふやなまま進んでいては、集中することができません。

ウッドアートスタジオでは、初回面談から間取りプランを1回、それに対するお見積もりを1回までは無料で行うことができます。スッとお話しが進んだとしてもお見積もりをお出しするまでは最低でも二ヶ月は必要です。
そしてこのプラン1回見積り1回というのは打合せの序盤でしかありません。本番は一度プラン見積りをご覧いただいた後に設計の申し込みをしていただいたあとです。そこからさらに建築家と間取りの詳細打合せ、インテリアコーディネーターとの仕様打合せを経て、最終お見積りを確認してから工事請負契約となります。

まとめ

突然事務所やショールームに行ったからといって、お金がかかるとか何かしなくてはいけないということはありません。安心して来場してください。
なにより家づくりは、いろいろな話を聞く必要があります。どんな工法なのか、材料は何を使っているのか、それを自力で調べるよりも聞いたほうがわかりやすいでしょう。
まず第一歩は、どんな会社なのか話を聞いてみるということです。