スギ材について

こんにちは。営業の鈴木です。

最近、花粉の猛威がすごいですね。

岡崎や豊田は山間部も多いので、その影響も大きいです。

僕の実家は足助なので、周りの山はスギだらけ。

部屋の換気に窓を開けると、空気清浄機が突然フル稼働しだします。

帰宅時に僕が部屋に入っただけでも反応する・・・

そんなに花粉付いているのかと驚かされます。

そんな悪いイメージばかりのスギですが、

木材として見てみるとどうなんでしょう?

スギは腐りにくく、長寿の木として知られています。

木の中の赤味にはタンニンが多く含まれることから

腐りにくいという特徴もがあり、

日本の樹木の中で最も寿命が長く樹高が高くなる木でもあります。

床材として使用すると針葉樹特有の柔らかさから、

歩いても脚が疲れにくいところがあります。

実家の床材がスギなのですが、

素足で歩いても堅い印象はありません。

例えば、堅い床材の上でずっと立ち仕事をすると、

脚の裏やひざに疲労が溜まっているのが分かります。

特に僕のようにスリッパをはく習慣がない人、

柔らかいスギ床はぜひオススメですよ。

みなさん新築やリフォームの際にはスギ材を考えてみましょう。

そして日本の山からどんどんスギを無くして

花粉症の無い快適な未来を作るのです。

といった冗談はさておき、木材は木によって様々な特徴があるので、

少し調べてみると面白いですよ。