春の訪れ

少し前から、部屋に切り花を飾るようになりました。

昔から観葉植物などには興味があったものの、なかなか上手に育てられず断念してしまっていたのですが、切り花ならいいかと思い、まず手始めにお得コーナーのものを2種類ぐらい組み合わせて挑戦してみました。

娘時代は、母が大人のたしなみにと、お茶やお花を習わせてくれたので、生け花は何年か通ったのですが、なぜ好きなように生けてはいけないのかどこか理解できず、先生に直してもらっても、結局家で生け直す時にはオリジナルで生けてしまうというなんとも素直じゃない生徒でした。

その時に一通り花器も揃えたのですが、剣山にさすよりは好みの花瓶に配色を考えていける方が好みで、いくつか花瓶を集めていたので、お花を見ながらあの花瓶に挿したらかわいいかな。など想像しながらお花を選んでいるととても時間がかかってしまいました。

少しでも長く楽しめるように蕾の多いものを選んだりして、部屋と玄関に置いておきました。

すると2、3日のうちに次々と花が開き始めて、その印象がどんどん変わっていきました。

改めて植物の生命力を実感します。

水と日光だけで、切られているのに花を咲かす。

生きている。

それだけで見ているこっちを癒してくれるなんて。

健気なような素直なようななんだか不思議な感情になりました。

そうなると、次はどんな色の組み合わせにしようか。

あの花瓶は口が小さくて思ったようにさせなかったから茎の細い用がいいな。

この花はこんな花瓶ならかわいいかも。

と色々想像するのが楽しくなってきます。

自分では上手く育てられないけれど、誰かが上手に育ててくれたお花が我が家のほんの小さな空間を豊かにしてくれて大満足です。

素敵にガーデニングとかされているお宅は見ているだけで華やかに見えますがお手入れは本当に大変だろうな。それでもきっと楽しいだろうな。と思いながら、私には切り花が精一杯だと思い知らされます。

春本番になってたくさんの植物たちが芽吹く季節に突入すると、あちこちで自然の生命力を感じられるので今からとても楽しみです。

oh.biichan