断熱材

こんにちは、営業の鈴木です。
今回の内容は、断熱材についてお話ししたいと思います。

日本の住宅を建てる上で、昔から重要視されてきたのが湿気対策です。
襖(ふすま)といった開閉可能な「壁」をうまく使い、家の中に風を通して湿気を調整していました。
では、なぜそうまでして湿気に気を使ったのでしょうか?
それは木が湿気に弱いからです。

木造住宅にとってこれは一番気にすべき問題です。湿気対策を怠れば柱がカビたり、シロアリの温床になってしまいます。特に近年では、住宅の西洋化から、襖は壁に変わり、窓だけで通気を行う家が増えてきました。
その結果、湿気が家の中に溜まってしまい、壁の中で結露が起こりカビが発生してしまう問題が多くみられています。

ここで重要になってくるのが断熱材選びです。
現在の住宅では、湿気は壁の中にある通気層を通って排出されるしくみになっています。壁の中の断熱材はちょうどこの動きをを妨げる場所にあるので、本来の断熱性能に加えて湿気を通す性能も備わっていなければいけません。
このことを考えて、当社では「セルロースファイバー」「羊毛ウール」「パーフェクトバリア」の3つの断熱材を推奨しています。
「セルロースファイバー」「羊毛ウール」は自然の木のように、素材自体が湿気吸収する性質をもっています。また飽和限度が高く、水滴になる前に外へ方湿されるので、基本的に結露は起こりません。このことから、よく調湿作用のある断熱材として紹介されています。
一方「パーフェクトバリア」は湿気を吸収しない透湿作用のある素材となっています。

このように、断熱材選びをうまく行うことで、襖のない今の家でも十分な湿気対策を取ることができます。木造住宅が長持ちすることは、かの法隆寺が証明していますね。
みなさんも永く住み続けられる住宅を目指すのであれば、断熱材について真剣に考え、湿気対策をしたお家づくりをしていただければと思います。