立春

 立春も過ぎたというのに、寒い日が続いています。

昔は登校時に霜柱がおりていたり、学校の池に氷が張ったり、もっと寒い日も頻繁にあった気もするのですが、温暖化に慣れてしまっているようです。

節分あけに、雛人形を出しました。

一年のうち、1ヶ月間。

少しでも楽しめるように、今年も4日に出しました。

我が家の雛人形は、私たちの代から受け継いでいるものなので、50年もの。収納もコンパクトで、小物などをしまっておく箱もオリジナルのものはとっくになくなってしまっているので、適当なものにしまってなるべく出し入れしやすいようにしてあります。

人形もだいぶ痛んできているし、付属品も欠けていたりしてしまっていますが、それも味だと思って、楽しんでいます。

そもそも簡素なものなので、1人でも出せるのですが、これまでは子供たちと一緒に出したりしていました。

今年はマイペース主人がたまたま家にいて、「おっ。おひなさん出す?」と言ってきたので、手伝ってもらう流れになりました。

ところがいざやってもらうと、ネジを締めるだけの作業でも8組ある中で1つだけ短いものを使い、「これ短かすぎて全然届かないよ。」と…。

ここを締めるんだから、長いやつ使うでしょ。と。これが本当に頻繁におき、こりゃ1人でやった方が断然はかどるなぁ。と、内心思いながら、何とかひな壇が組み上がりました。

あとは写真の通りにお人形を並べて、小物を持たせてね。

と、彼に任せたのですが、途中で様子を見てびっくり。

何と三人官女が弓矢を背負っているのです。

1人は背中に弓の束を差し、もう1人はひしゃくの代わりに弓を一本持っています。

ちょっと!これはないんじゃない?

と言うと、持つものは適当でいいって言ったじゃん。

適当って弓矢は…。

こんなに関心ないものか?

そう言えば、我が家は広い和室もないので、居間に入ればすぐに目に入る場所に雛人形を飾るのですが、何年か前は出して4、5日後に雛人形が出ている事に気付いたりした事もありました。

「人形出したんだ。」

えっ?今⁇

これ、そんなにスルーできる?って言うぐらいの存在感はあるはずなのに、気がないってこんなもんかなぁと思ったものです。

まあ、彼は筋金入りのマイペース。

こういう人も稀にいる。

ということを私も30年近くかかりましたが、少しずつ受け入れられるようになってきました。

何度かダメ出しをして、例年より時間はかかったものの、何とか今年も無事お雛様を出すことができました。

最終的にはなぜか満足気に写メを撮っていました。

弓矢なんか持たされて落ち着かなかったね。

今年も子供たちの健康と安全を見守ってね。

来月まで楽しませてもらいます。

oh.biichan.