冬も快適なパッシブデザインの家|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

 

 

私たちの家づくりには、パッシブデザインの考え方を取り入れています。ただパッシブデザインの場合、例えば、冬に家を直接暖めるわけではないので、暮らしにどこまで、何を求めるかで家づくりが変わってきます。暖房光熱費を下げたいのか、自然を感じて暮らしたいのか。ご自身の希望を明確にされるといいですね。

 

パッシブデザインは、春や秋、夏も猛暑以外は窓を開けて暮らそうという考え方を補助するもの。間取りなどもある程度決まってくる部分があり、窓にひさしを付けたり、南面窓は大きくとったりすることが多くなります。

 

 

常緑樹は冬の太陽光を遮ってしまうので、外構は、基本的に落葉樹を採用します。その中でも四季を感じたいのであれば、花がつく木や、もみじなどを選ぶといいでしょう。

 

また、やはり住宅密集地にはパッシブデザインの家を建てることは難しいです。風が通り抜けるかどうか、南側に建物がないかなど、条件に合った土地から選ぶ必要があります。

 

写真は「冬、暖房を使わなくても12度を下回らない家」をテーマに、パッシブデザインにこだわり抜いて家づくりをされたSさま邸です。

 

 

水田に囲まれた自然豊かな土地を選び、窓の配置や通風計画に関しても、ご自身でしっかり勉強をして臨まれたSさま。ご自分でパイプを注文してタープを張り、グリーンウォールを作るためのワイヤーメッシュを設置。家の性能の良さ以上に、「Sさまと共に、自然と共存する暮らしを作り上げた」という印象が残っています。

 

実際に、エアコンはほとんど使わないとご満足いただきました。

 

建てるまでの制約もあるパッシブデザインの家ですが、季節や天候を気にしながら生活するのは楽しいものです。何よりも、ご本人が生活を工夫して住むことが大切。自然と寄り添い、四季を感じる暮らしをしたい方に、いかがでしょうか。