椅子の高さと机の高さ

こんにちは、ウッドアートスタジオ広報企画の西崎です。

住宅業界に入って、現在で三年たつ私ですが、家具などを買うときに好きな物を探し回って買うようになりました。
そんなこんなで先日椅子を買ったのですが、どうにもこうにも座りにくい。机との高さがあわない・・・
機能性あってこそのオシャレさだなと痛感しております。シクシク

常日頃から自分で、快適さが伴わない見た目のみのものはデザインではない。と思っているのに完全にやらかした感じです。反省。

しかしネットショップが主流の昨今、自分にあった椅子ってなかなか探しにくいですよね。実際座ってみないと、ほんとわからない・・・
なんとかならないかなーと思いながらネットを見ていたら、身長を入れることで自動計算してくれる素敵なサイトがありました!

外部のサイトさんなので、直接リンクは貼れませんが「椅子 座面の高さ」で検索したら出てきました。

これを基準に買えば、いい買い物ができるかもしれません。

屋久島地杉の話-その2

こんにちは、三嶋です。

前回ご紹介した、屋久島地杉プロジャエクトの続きです。

そもそも屋久島地杉と日本の他の地域(本土)の杉と何か違いがあるのか?

         

答えは、違いがあるということです。

          

ではどんな違いが有るかというと。まず1つ目は、

2つ目は

と、こんな違いがあります。

                   

つまり屋久島地杉は、『高い油分』『独自の含有成分バランス』に起因する

【高い耐久性】【高い対候性】【強度】

をもった杉、もう一つの国産杉といわれています。

               

これは杉に限ったことではありません、桧にも産地によって同じような違いが有ります。

              

このあたりから、ブランド化され、屋久島地杉とか京都北山杉とか秋田杉とか東濃桧とか地域の名前のついた呼び方で、呼ばれています。

             

したがって我々も、それぞれの特性を生かして、建物の中で、使用場所に応じて最適な使い分けをいつも考えて使っています。

2月16日・17日のくらしマルシェにも、ウッドデッキ材の見本をお持ちする予定です。興味のある方は是非遊びに来てください。