リノベ現場

こんにちは。営業の鈴木です。

本日は研修で、富山で行われているリノベーションの現場まで行ってきました。

ここは富山駅前にある歴史のあるホテルで、老朽化ため大幅にリノベーションを行っています。現在はもともと中にあった設備などは片付けられており、建物の中はほとんど何もない状態になっています。

そういった中でも、一部大切に保管してあるものがあります。それがこのリノベーションの特徴でもあるのですが、例えば昔の職人さんが作った造作の数々。古くて味のある家具や、程よくさびた鉄壁などなど、新築で建てる時には作れない、魅力的な物がたくさんありました。そういった古い物をいかに活かして、新しいものにマッチさせるかを考えるのも、リノベーションの醍醐味なのだと思いました。

また次回も、引き続きリノベーションについてお話ししようと思います。