施工事例「キッチンまで土間続きの家」後編|岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅 ウッドアートスタジオ

ウッド・アート・スタジオ代表取締役の菊地貞次です。

玄関からキッチンまで土間続きという西尾市Oさま邸について、2回に渡ってご紹介しています。

 

 

土間で囲んだリビングの上には、吹き抜けが広がります。
二階の仕切りは格子にして、ご夫婦とお子さま、ご家族がどこにいてもコミュニケーションが取りやすいつくりです。

 

 

家族団らんの時間には、一枚板のダイニングテーブルを囲んで。

 

 

オーダーのアイランドキッチンは、内側を赤色にして個性的に仕上げました。グラスを飾る食器棚も素材を揃えた特注品で、自然素材が多いインテリアの中で、素敵なアクセントになっています。

 

キッチンから続く土間は、庭の畑へのアクセスが抜群です。採れたての新鮮な野菜を使って、奥さまお手製のぬか漬け作りを思う存分楽しめます。

 

 

また、土間にある薪ストーブは、ポトフなどを作る時にもぴったり。
直火ではないので、素材を焦がさずに、じんわりと美味しく火を通すことができます。

 

 

一方、車や自転車がご趣味のご主人のために、外にはガレージを併設
木毛セメント板で仕上げた、温かみのあるガレージです。室内からも愛車を眺めることができるよう、大きな窓を付けたこともポイントです。

 

 

ご自分たちにとって快適なライフスタイルを追求した、ご家族みんなが大満足の住まいが完成しました。