家に使われる木の種類と特徴(2)

スタッフブログ

建材として使われる木材は、建物の特徴に合わせて、どんな種類の木材を選ぶか考えます。

たとえば、ヒバは構造材に適し、神社仏閣でも使われるものです。

スギやヒノキなどに比べると、その量は少ないのですが、材質に特に劣るものはありません。

ケヤキは硬く大黒柱に使われる木材です。

街路樹などとして植えられているので、普段の生活でよく目にしやすい種類といえます。

その木目も美しく、かつては庶民の住宅に用いられていましたが、今はすっかり高級木材になってしまい、手が出しにくくなっています。

建材として使う場合には、伐採して加工したあとも、反りが出てきてしまうので、何年も寝かせて落ち着いた状態にならないと使えません。
その手間もケヤキの価格を上げてしまった一因になります。

次にマツですが、マツは粘りがあり曲げに強いことから梁など荷重のかかる部分に用いられています。

日本全国に分布している木ということもあって、手に入りやすく、比較的安価です。

なお、マツはマツでもアカマツやクロマツなど、同じマツでもヤニのでやすさなどに違いがあります。

タイトルとURLをコピーしました